やる夫はやる夫を殺そうとするようです プロローグ~第1話 「開始」 劇場風やる夫まとめ

やる夫まとめ。ビューア付き。JavaScript をON にするとビューアで見ることができます。

Top Page > スポンサー広告 > スポンサーサイトTop Page > やる夫はやる夫を殺そうとするようです > やる夫はやる夫を殺そうとするようです プロローグ~第1話 「開始」

スポンサー広告  の記事一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメント投稿

※最近キツめのコメントが散見されます。投稿する前には一呼吸置くようお願い致します。

最新記事

カテゴリ

ボタン群

Twitter: 
Facebook: 
ブログランキング: 

トラックバック

トラックバック URL
http://theateryaruo.blog71.fc2.com/tb.php/1-4ac25e22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


やる夫はやる夫を殺そうとするようです プロローグ~第1話 「開始」

やる夫はやる夫を殺そうとするようです  の記事一覧
1◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:36:40 ID:hQX.QBhQ

    ヘハ
   '  oハ
   7   ハ
  (´・ω・`)      どうも山帽(さんぼう)といいます
  1||    |
  "||  ノノ      宣言所には8月下旬と書いておきながら遅れたことをまずお詫びします
   レ|  |ノゝ
    〉 く        このスレは山帽の高校時代の黒歴史小説を元に作られています
   ∠―ゝ
             内容は比較的シリアスですが、若かりし頃のご都合主義も残っています

             ではまずはプロローグです

2◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:37:14 ID:hQX.QBhQ
         ___                                          / 〃|LLLLLLL| |
        | 石 「 ̄ ̄, ==ー- 、 _                                   / 〃/|LLLLLLL| |
  ___ _ _l| 丸 |   / | r=ー' 、  l|                                  / 〃//|LLLLLLL| |
_|r===l | | | 電 |  { l| l」冂|| |                              / 〃///|LLLLLLL| |
|||」_冖| | | 気 |   \` ー-_'ノ'  |l                        ______| 。l ////|LLLLLLL| |
||r=v┐| | | ① |ー--- ニ二 __||l                   /|」」」」」」」」」」」」l| 。| ////|LLLLLLL| |
||L!]_リ| | 「 ̄ ̄l|  匚|匚||<I|匚|匚|||                      //|幵幵|エl「幵幵| 。| ////|LLLLLLL| |
||r==、 | | |    |  匚|匚||l{ |匚|匚|||l                 l//|幵幵|エl| / | |  | ////|LLLLLLL| |
|||_L!」l | | |    |  匚|匚|lテl|匚|匚|l|l                 |//|幵幵|エl||[レl | |  | / /l|[][][][][][][]| |
||r 、rァ| | |    |  匚|匚||レl|匚|匚|l||l                     |//|幵幵|エl||L] | |  |/[/|LLLLLLL| |
||<へ>| | |--─ 「¨ 匚|匚||ビ|匚|匚|冂                      |//|幵幵|エl||{_〕 | |  | //|LLLLLLL| |
||__|_|_|    |  匚|匚|| ・|匚|匚||;|                      |//|幵幵f/|lX{ | |  |_//|LLLLLLL| |
冂l [l[l[l[l匚_ |    |  匚|匚| ム|匚|匚||:|_                     |, /|幵幵|[レl| /f´]。 r'´\ l|LLLLLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|l l |匚|匚||・|l|                 |/ '|幵幵f/|fr'l_| |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚|lビ|匚|匚||:|l|                 |/|幵幵|エr'/, |´]。 r'´\ l|LLLLLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|l l |匚|匚||;|l|               rァ=ヲヲ|/|幵幵|/|レ{ | |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚|l ・|匚|匚||;|l|               |l_|=/|/|幵幵|/|l0| |´]。 r'´\ l|LLLLLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|lD|匚|匚||・|l| 、             |l_| | l|/|幵l|L|r'「||'ョ| | |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚| V|匚|匚||;|l| l|             _|l | | fアfEEEl }|r'|i||'z| |´]。 r'´_ __  LLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|lDl l|/^゚ :|l| l|┐        ┌/「 ̄ ̄ ̄|x'|EEE| ||r'|l||'・| | |  | _| || 万 ||_ LLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚| ̄|∥|匚|凵l|「|r|_  _ _ _ _r‐| ||l _ _ _「ュ[ ュ ュ| ||r'|l   |´]。 r' | |l   ||_ LLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|匚|∥|匚|  l| 二/^゚ 二二二二二二二|'ュ[ ュ ュ| ||r ゚^\、 'r┤l| || 世 ||_ LLLL| |
|l_l_|__匚_ |    |     __∥_ _ |  l|┴∥┴┴┴┴┴┴┴┴‐r'´「 ̄ミ ̄|r'l」|l  || l| l| _| |l   ||_ LLLL| |
____r'´_|l|    | }三{ _ l「ヽ_ ∥__ヽ _| l」∥tr「 |l ィシトr「,イトl| …|「 |t:| ,幺、 | -┐ l|| l|_l| _| || 橋 ||__SEGA_|
三 |  「三 ∥   |}三三{ r‐ ∥‐┐  l| |「∥r|rrィイミソ、ミミ彡。.」|_l|__l|ニ'イiト、|二ム'´ || 二|_  ̄「 「´二GiG0二
三 |  |三=∥ _|}三三{ | ̄ ∥ l|  l|_/'」|ァ flfl',fl'fl' fl'fi'ffi' fi fi ー-= 、 _ i|` |=三fニl|| fifir  ̄l| l| ̄| ̄ ̄| ̄|
===== == = ,、_,、==_」|,、_,、_ =─ '′ A  fニl A  A   fニl   A ̄` ー-∧_∧|_λ | l|  |  λ|  |
               ( ´∀)   (   )ワイワイ          ∧_∧ガヤガヤ     (`     )  ̄l| l| ー─----
                (   )   (   )               (∀・  ,)           と     〉   | l|

3◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:37:47 ID:hQX.QBhQ


    .。        。        。
____i________i __   ___.i____
──‐||‐────-||   l`~、.─||‐──-i\
  .:.:.:||       :||__,,..,i  .:.i..:..:||     |:li;i\________________
  .:.:..||       :||_     |  ||     |i:;l:i:;l:|..:.:. .....:.:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:. .....:.:.:.:.:....
  .:.:..||       :||  ̄ `~、ノ  ||     |;i:;li:;::| :..:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.  .:. :..
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l::.:..:.: .
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:|    l ̄l.:..:.:.:..l ̄l   l ̄l:.:..:.::..l ̄l......:.:.:.:.
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|:  .:.:..  ̄ .:.:..... ̄::.:....:.:.:. ̄ .:..:. :. ̄.:..:.:
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:| .:..:. :.:..:.: ......:.:.:.:.:.....:.: .:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|    l ̄l   l ̄l   l ̄l::.:.:.:.:.l ̄l .:.:....
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |;l:i:;li::|    l ̄l:.:.:.:..:.l ̄l   l ̄l:.:.:..:.:.l ̄l.:.:..::.:....:
l ̄ ̄l||  l ̄ ̄l.  ||  l ̄ ̄l.  ||     |li:;l:i:;:| .  .... ̄:.:..:.:.:... ̄:.:..:.:.:.:.. ̄::: .:.:.. ̄:......:.:.:.:.:
l__l||  l__l.  ||  l__l.  ||     |;i:;li:;::|  . ::.:....:.:.:. . ::.:....:.:.::....:.:.:.:....:.:.:.. . ::.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:i:;l:|  . ::.:....:.:.:      | ̄ll ̄|:....:.:.:.:....:.:.:.:....:.:.:.
  .:.:..||       :||       :||     |;i:;li:;::|_,.__. ::.:....:.:.:,.__,___,._|  ll  | .,_._,_ ,_,.,.,__
  .:.:..||       :||       :||     |i:;l:/ `"'":.;'":;.  ;'":;;`"'";.;'":;;`"';.;'":;;`"':;.;'"
,.,.,_,._,.,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,.,_,.,.,__,.,_._,||_,_._.,.,_|/ .: :. .:."'":;.;'":;.;'     " .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
 '":;.;':||"'":;.;'";:`. '":;||."'":;.;'";:`. '":||":;.;'`"' '":;.;'`"'":" .:.:;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;';.;'":;.;'
": ;'` .┻ '":;.;'`"'":;;┻ '":;.;'`"'":;;┻;.;'`"'":;.;'":;.;'":;.;" .:. .:."'":;.;'":;.;'  :;.:.: ;'":;.;'" .:.:;.:.: ;'":;.;'
'`"' '":;.;'`"      .:;.:.   : ;'":;.;'  :;.;'":;.;' '     ":;.;'":;.;'
     `"' '"       .;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;.;'

4◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:38:20 ID:hQX.QBhQ


                          ,, -─‐――───-,
                         l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l |
                          | _ _ _ _ __,_ _l |
              /´`l          /           ,/ |     _
          /  ' l___     l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l /.  / /\
        / , '   ./  /゙l     `ー───────‐''  / /  /|
       / /  ,    / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/l.     |  ̄`\/ II|_
       l´`l  ,    ./ / /.              //」    |    |l// |
       |  l/   / / /               //      |    |/   .|
     {    ̄ ̄`l_/    l二二二二二二二二l/         || ̄ ̄ ̄||   /
       ̄ ̄ ̄       |_|_|       |_|_|         ||___||/

   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../ ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  |    ` /       ``77   /   ┃俺の名前は、備府出やらない夫                          ┃
.  ヽ   /          / /   /   ┃                                              ┃
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./   ┃こう見えても三ヶ月程前に40歳になった中年男性で娘もいる        ┃
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

5◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:38:53 ID:hQX.QBhQ


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ー)(ー)
   .   |     (__人__) フゥ ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      |     ` ⌒´ノ    ┃職業は検察官。彼是20年以上務めている                   ┃
     .l^l^ln      }     ┃今居るこの場所も仕事のために来ている刑務所の一室            ┃
   .   ヽ   L     }     ┃学生結婚した妻と17歳になったばかりの娘との三人暮らしをしていた┃
      ゝ  ノ   ノ     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   _ /  /    \
 i'⌒゙l /  /       \
 | . /  /      |ヽ、二⌒)、          ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 |  |ヽ__     |_" ̄ ̄⌒ヽ、 .      ┃「していた」。そう今の俺が家に帰っても出迎えてくれる家族はもういない ┃
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|⌒|  ̄`ヽ ̄⌒ヽ|  │        ┃                                                ┃
 |        l  .| y  |_ィ   |  .| . .        ┃三ヶ月前、俺の誕生日に彼女達は居なくなった                     ┃
 |        |  .|.|   |  |  |   |          ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|


     / ̄ ̄\         .╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   /   _ノ  \  ( ;;;;( . .┃少なからず私は家族の事を気に掛けていたつもりだ              ┃
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  .┃寧ろ娘に対しては溺愛していたと言ってもいい                   ┃
   |      (__人__) /;;/  .┃だから出来る事なら彼女達に帰ってきてほしい                  ┃
.   |        ノ l;;,´     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │               ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  \  “ /___|  |                 ┃「なぜ彼女達がいなくなったのか」                       ┃
.    \/ ___ /                 ┃三ヶ月経った今になっても俺には解らない                  ┃
                            ┃神様ってのはやはり意地の悪い奴なんだろう                 ┃
                            ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

6◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:39:26 ID:hQX.QBhQ


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/    そろそろ行くだろ、時間的に考えて
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l       .╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    | .l _ニソ    }       ┃妻とは小学生からの付き合いで大学時代に俺の方から結婚を申し出た. ┃
     /ヽ、_ノ    /          ┃初恋からずっと一途に思い続けて15年                   . ┃
    __/  /    ノ__          ┃付き合うなどの過程を素っ飛ばして思い切って告白した          . ┃
  / /  /       `ヽ.       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


              l::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. l
             l:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.l
            |::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.l
            |::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:冫        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
           l:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      l::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
           ヽ:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',        l::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ヽ:::::::::::.:.:.:.:.:.:. ',       l::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l .    .
                ',:::::::::::::::.:.:.:.:.:l       l:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l      .
                ',::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|       l::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
                ',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:l      l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                  ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
               ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
                /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::::::::::::::::::.:.:.、:!
                ヽ, -、.:.:.:/}!.    !:::::::::::::::::::::::::.:.:ヽ
                  l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ
                  l     l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /    l!   l:::::::::::: -´ `  、:/
                   l     l!   ヽ ´         !
                ヽ、 _ ノノ   /          \
                  `ー‐ ´     l、           ヽ
                           l ヽ _      _ノi
                          `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ

7◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:39:58 ID:hQX.QBhQ


    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |  ごくろうさまです
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_    .. ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   \   ´ `ー-一´`ヽ  .  ┃そして彼女は二つ返事で俺の告白を受け入れてくれた           ┃
    \         , |    ┃俺自身は気付いていなかったが、彼女もまた俺の事を昔から思って  ┃
     │         |  l    .┃くれていたのだ                                      ┃
     │        l_ |    .╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
           (゙  ))



         Λ_Λ
        (´・ω・`) ヤラナイオサンモオツカレサマデス
        ( _ )
         U U                  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
            / ̄ ̄\            ┃親が離婚して家庭崩壊を起こしていた環境で育った俺にとってやっとの . ┃
          /     _ノ ヽ           ┃思いで掴んだ幸せだった。                               ┃
          |     ( ●) |   どうも    ┃妻の両親も快く俺を家族として迎えてくれた                    ┃
          |      (__人)            ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
          |        ⌒ノ
          ン        ノ
         /⌒ヽ、    _ノ                   ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
          /   ノ \__ィ ´                     ┃程無くして新しい家族の知らせが入ってきた                   ┃
       /  /    '|.                          ┃どうやら童貞歴22年だった俺は色々と頑張り過ぎたらしい       ┃
     (  y      |.                       ┃気をつけていたはずだが・・・・・心当たりは多かった・・・         ┃
      \ \    |                           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       \ィン、__)、
         .|     ij ,ノ

8◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:40:32 ID:hQX.QBhQ
      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|   相変わらず遠すぎるだろ、常識的に考えて
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |
     |       |    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      ヽ      /     ┃俺達は新しい命の誕生を家族総出で祝った                     ┃
     _,,ゝ    (,_     ┃23歳という若さで親になるという事だったが、不安よりも喜びで俺の心は┃
   /´  `ー-一´`ヽ    ┃満たされていた                                     ┃
   /  、      , |    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      |   |.   |                ┃しかし人生は山あり谷あり。離婚してから行方も知らなかった親父が ┃
     |    |   l                  ┃俺のところにきて金を無心しにきたのだ。父親が言うにはかなりヤバい┃
       i'  ,}  ,ノ              ┃ところから金を借りたらしく、どうしても金が欲しいとのことだった    ┃
      l   | /                  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      |,_、|,/
       (゙  ))


      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l
    l             l
    .l           l     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    ヽ          l     ┃その時には娘が生まれていたし、経済状況もまだ社会人として新人の┃
     ヽ         l     ┃俺の稼ぎだけでやっていたのでギリギリの状態で生活していた     ┃
      .)     __,,../ . . .    ┃正直、そんな話を聞いていられるほど豊かではなかった         ┃
     /===、_〈           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 .l i         l     l              ┃離婚も元々親父の浮気が原因で起こった事だったし、親だからと言って   ┃
 l .l        l     l              ┃最早立てる義理もなかったので、直ぐに突っ返した。俺は既に「父親」なのだ┃
 l l       . l     l              ┃俺にも守らなければならない家族がいた                       ┃
 l l       . l    l              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l

9◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:41:05 ID:hQX.QBhQ
      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ    やらない夫さん、お待ちしていました
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /      ここから先は私がご案内します
 ,,.....イ.\       /                          
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、                        
     |  \/゙(__)\,|  i |                        
     >   ヽ. ハ  |   ||                       
                                       

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\   よろしくお願いします
          |  (●)(●) .|                 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
        !  (__人__)  |                    ┃「人でなし」。そう叫びながら親父は帰って行った。親父の葬式の知らせが┃
          , っ  `⌒´   |                   ┃来たのはそれから1ヶ月の事だった。飲酒運転での事故死だったそうだ ┃
       / ミ)      /                  ┃俺は葬式には顔を出さなかった                            ┃
      ./ ノゝ     /                  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |








                           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                           ┃それから不幸が度重ねて起こった。親父が事故の際轢いてしまった┃
     |    |   l                ┃被害者が慰謝料を請求しに来た。親父とは完全に縁を切っていたが┃
       i'  ,}  ,ノ                ┃向こうさんはそんな事はお構いなしだ                      ┃
      l   | /                ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      |,_、|,/
       (゙  ))       |    |   l
                 i'  ,}  ,ノ           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                 l   | /           ┃続いて義父さん、妻の父親が職場の事故で下半身不随になった     ┃
                 |,_、|,/              ┃保険や労災などは出されたが、今後の介護費用は俺達家族が持つ  ┃
                 (゙  ))               ┃ことになった                                       ┃
                                 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

10◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:41:37 ID:hQX.QBhQ


___________,
. . | |             ||
. . | |             ||      / ̄ ̄ ̄\
. . | |             ||     /         \  ザッ
. . | |             ||    /           ヽ     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
. . | |             ||    |             |       ┃プライベートな事ばかりではない。仕事でも、社会の闇と対することに ┃
 ̄| |             ||    |               |      ┃なった。証拠不十分で逮捕することのできない政治家や犯罪者達。   ┃
  | |             ||    |              l      ┃明らかな黒でも法では裁けないことも世の中に存在した            ┃
  | |             ||    |          /         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  | |            0 ||    |        〃/
  | |             ||    \、__     (
  | |             ||       _)_ ===\    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  | |             ||      /          \  ┃だがどんな事があっても妻の愛が俺を支えてくれていた。娘の笑みが ┃
  | |             ||     /            ヽ ┃俺を励ましてくれた。家族の助けのお陰で俺はどんな困難にも負ける ┃
  | |             ||     |    ,        i ┃事無く生きていくことができた                           ┃
  | |             ||     |     |        l.| ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  | |             ||     |     l         | |
  | |             ||     |     |.        |. l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`       l    |       |.│
                      /    ノ        | |
                     /     /        l /
                    (ヽ、__,/____  __,У
                     ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|


                     |:::
        / ̄ ̄\     |:::                 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
.     /   _ノ  ヽ    |:::                 ┃結婚20周年記念の際には妻の行きたがっていたフランスに、娘を両親┃
       |   ( ⌒)(⌒)   |:::  ようやく着いただろ   ┃に預けて夫婦水入らずで楽しんだ。娘の17歳の誕生日には彼女の大┃
.      |    (__人__)    |:::                 ┃好きな紅茶を飲むためのティーセットをプレゼントした              ┃
       |     ` ⌒´ノ    |:::                 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
        ン       }    .|:::
.     /⌒ヽ、    _ノ    |:::
    /   ノ \__ィ ´      |:::  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    /  /    '|.       |:::  ┃そういえばプレゼントをした時に「父さん、今御付き合いしている方が  ┃
   (  y      |.         |:::  ┃いるのだわ」と言われた時は目ん玉が飛び出るほど驚いた。妻が   ┃
.    \ \     |        |:::  ┃止めてくれなければ、俺は娘の彼氏を社会的に抹殺していただろう   ┃
     \ィン、__)、       |:::  ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       |     ij ,ノ      |:::
.     |   ,イ  /        |:::
       |   |  /       |:::
      |,   | ,/         |:::
       |  |  |          |:::
.      |__|,___|         |:::
.      i,___),_`).         |:::

11◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:42:10 ID:hQX.QBhQ


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|  やらない夫さん・・・解っていらっしゃるでしょうが、くれぐれm
   |    / ̄ ̄\    |
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                                   / ̄ ̄\
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |                                 /  !、_   \
   /    / r─--⊃、  |            くれぐれも気をつけて、でしょう?(⌒)(⌒ )    |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                                (__人__)     |
                             大丈夫、そのくらい解ってますよ. (,`⌒ ´      |
                                                  {         |,
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋    {       ,r' \
 ┃後日、娘の紹介で会って話すことになったがその際彼が見せた娘への┃    !、     ,r' ン  ン
 ┃思いは間違いなく本物だった。その晩は彼を家に止めさせ、夜遅くまで┃     ン     '` /
 ┃語り明かした                                      ┃     |       ,.,r'
 ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋     |       |
              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
              ┃思いのほか彼とは意気投合し、まるで息子ができたような気分だった ┃
              ┃そう思ったのは妻も同じだったようだ。次の晩には久方ぶりのプロレス┃
              ┃ごっこに励んだ。・・・12ラウンドは流石に辛かっただろ、年齢的に(ry ┃
              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ ・・・・・・では私は扉の前で待っていますので、何かあればすぐに私を呼んでください
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /        ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、       ┃俺と妻と娘、三人での暮らしは俺にとって何にも変える事のできない  ┃
     |  \/゙(__)\,|  i |       ┃掛け替えのないモノだった。俺が生きる目的も理由も彼女達と共に   ┃
     >   ヽ. ハ  |   ||      ┃あった。しかしそれらは唐突に終わりの時を告げられた…           ┃
                     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

12◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:42:43 ID:hQX.QBhQ


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)  それじゃ、開けますね
.     |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ   (なんか緊張するだろ、常識的に考えて)
      |         }
   _./:l ヽ        }             ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、            ┃                                              ┃
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\           ┃                 そう・・・                          ┃
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\         ┃                                              ┃
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l


    \      \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,,,--┐  | /  _,,,...---
      .|| ̄ /lー|、-/l \ ┌'' ̄|   _,,,,-ゥ/i`ヽ、     |ィ-ァ| | 「 ̄   |
      .||  /,'  | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|  //  | | |      |
      .|| //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /     // |  | | |      |
―--,,,,,__||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |           //   |  | | |      |
___...||| /| | 'l |      | | |         /'''~____,,,,, |  | | |_,,,,,--|--''''
====┐...|||/ | | ||     | | |     ,,,,,,,―'''''''''''´    |  | | |      |
   ||  ||/ | | '! _,,,,,,,,,---''''''''''''´ ̄   . ―――――|  | | |      |
   ||  || __,,,,-i''''´     _,,,,,,,,----''''''''''´ ̄ ̄ ̄ ̄\|  | | |      |
――||―||ξ  ,Lィ-'''''´ ̄ | | |                |..―|ー| |-,,,,,__  |_,,,,
   ||  ||  ̄"´.       | | |                |  | | |--''''' ̄|'''''--
   ||  ||  | |        | | |                |  | | |‐-,,,,____|
   ||  ロ(()==|         | | |              \|  | | |      |`''--
   ||  ||  | |     / | | |                |\..| | |      |
   ||  ||  | |/  /  ..| | |              \|  |\ |,,,,....---|----
   ||  ||  |/  /     | | |                |\..|  \  ___|,,,,,,,,,,

13◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:43:16 ID:hQX.QBhQ


                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    / ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
    |___|/                     / <                              >
  /                          /   <          この男によって             >
                               <                             >
       / ̄ ̄ ̄ \                   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
      /  ─    ─\                         . __
    /    (ー)  (ー) \                       ./::::::. \
    |       (__人__)   |                      /::::::ヽ;;:   \
    \      ` ⌒´   /                     . (:::::(::::冫    |
      / ヽノ   ⌒\__                     . (:人;;;) .    |
     / |      \___)⌒\                 r‐-;::::::. .     |
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)                (三)):::::.. .   |
         \         /\ \__              >::::ノ:::::::::.    /
           ` ―─―─´   ヽ___)            /::: / ヽ;:::::::::   /
                                       /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                       . |\::::::::::::;;:1
                                       . |:::::\;;/:::|

14◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:43:49 ID:hQX.QBhQ

                 _              _____         _               _
                │ │      / ̄/   │_    _│    │ │            │ │
                │ │    / /        │ │         │ │            │ │
                │ │  / /          │ │        │ │            │ │
                │ │/ /            │ │        │ │            │ │
                │    く             │ │        │ │            │ │
                │ │\  \           │ │        │ │____ . . │ │____
                │ │  \  \         │ │        │        │ . │        │
                │ │   \_\     │ ̄    ̄│     └──────   └──────
                  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          _                _        _______
                         │ \ .            / │      │ ______│
                         │    \           /   │      │ │
                         │ │\ \     / /│ │      │ │______
                         │ │  \ \ / /  │ │      │              │
                         │ │    \ `´ /   │ │      │ │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         │ │      \/     │ │      │ │______
                         │ │               │ │      │          │
                           ̄               ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _                _    _         _   _______     _______   _           _______
 │ \ .            / │  \ \     / /  │  _____│  │ ______│ │ │            │ ______│
 │    \           /   │    \ \  / /    │ │           │ │          │ │           │ │
 │ │\ \     / /│ │     \ `´ /      │ └─────┐  │ │______  │ │           │ │______
 │ │  \ \ / /  │ │      │  │       └─────┐ │  │              │ │ │           │              │
 │ │    \ `´ /   │ │      │  │                   │ │  │ │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  │ │           │ │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 │ │      \/     │ │      │  │       ┌─────┘ │  │ │______  │ │____   │ │
 │ │               │ │      │_│        ───────┘  │          │ │______│  │ │
   ̄               ̄                                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     ̄

                             ~やる夫はやる夫を殺そうとするようです~

16◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:45:13 ID:hQX.QBhQ


「 第一話
           開始
                         」

17◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:45:45 ID:hQX.QBhQ





       / ̄ ̄ ̄ \   て
      /  ─    ─\  そ
    /    (●)  (ー) \       ・・・・・・やらない夫さんかお・・・
    |       (__人__)   |
    \      ` ⌒´   /
      / ヽノ   ⌒\__
     / |      \___)⌒\
     ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
         \         /\ \__
           ` ―─―─´   ヽ___)

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|   迎えに来たぞ、やる夫
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |   これからお前を処刑台に連れていくだろ
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

18◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:46:17 ID:hQX.QBhQ


              ____
            /      \
          / ─    ─ \
         /   (●)  (●)  \ ・・・そうか、ついにやる夫の番が来たんだお・・・
          |      (__人__)     |
         \     `⌒´    ,/
         /     ー‐    \


               ____
             /      \
           / ─    ─ \    やらない夫さんには本当にお世話になったお
          /   (ー)  (ー)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)     ・・・やる夫、お前は本当に反省しているのか?
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

19◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:46:49 ID:hQX.QBhQ


                 ____
               /:::     \
             /::::::::::     \   ・・・・・・反省していると・・・思いますお
            /::::::::::         \
           |:::::::::::::::         |
          /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
        ;/::::::::::::            \;


                / ̄ ̄\
              / _ノ  ヽ、.\
                |  (●)(●) .|   そうか・・・ならやる夫、お前の罪状を言ってみろ
              !  (__人__)  |
                , っ  `⌒´   |
             / ミ)      /
            ./ ノゝ     /
            i レ'´      ヽ
            | |/|     | |


           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ      ・・・・・・
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

20◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:47:22 ID:hQX.QBhQ


      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\     なんだ、言えないのか?なら代わりに俺が言ってやるだろ
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)     強姦殺人2件                        ____
     |     ` ⌒´ノ                                   /:::     \
       |         } \    とても悪質な犯罪、だろ                 /::::::::::     \
     /ヽ       }  \                              /::::::::::         \
   /   ヽ、____ノ     )  世間的には死刑と言われても         |:::::::::::::::         |
  /        .   | _/                            /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
 |         / ̄ ̄(_)    文句は言えないだろ           ;/::::::::::::            \;
  \   \ /| JJJ (                            ;/::::::::::::::          \ ヽ;
   \  /   /⊂_)

21◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:47:55 ID:hQX.QBhQ


             /  ̄ ̄ ̄ \:
            ::/        ::::\:
           ;: |          :::::::| :      ・・・やる夫は間違ってたんだお
            \.....:::::::::    ::::, /
            r "     .r  /゚。
          :|::|     ::::| :::i
          :|::|:     .::::| :::|:
          :`.|:     .::::| :::|_:
           :.,':     .::(  :::}:
           :i      `.-‐"


              / ̄ ̄ ̄ \
           /   :::::\:::/\
          /    。<一>:::::<ー>。       やる夫は、やる夫は!今まで誰にも相手されなかったんだお!
          |    .:::。゚~(__人__)~゚j
          \、   ゜ ` ⌒´,;/゜       でも・・・でも彼女だけは違うって勘違いしてしまったんだお!
         /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
        / ,_ \ \/\ \           本当に申し訳ない事をしたと思っているんだお!!
         と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |   ( ●)(●)           ・・・ならお前はなんでそんなことをしたんだ?
       . |     (__人__). rm、
         |     ` ⌒´ノr川 ||
       .  |         },.!  ノ'
       .  ヽ        r / .|
          ヽ     ノノ ノ
          /     / ./
          |      /
           |    i´

22◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:48:28 ID:hQX.QBhQ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 !:::::::::::::::::::::/::::/   l l    ,l   | |  l   ! !   l      l l::
 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::    (被害者  備府出真紅 享年17歳)
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::    ┃やる夫は寂しかったんだお。誰かに相手されたかったんだお      ┃
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::      ┃                                              ┃
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::     ┃だから優しくしてくれた彼女に、かっこ良く見て欲しかったんだお     ┃
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  |
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ____
       /   ∪  \
     γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ       一生懸命、彼女のバイト先に通ってアプローチしたお
    / _ノ (>)三(<) \ `、
   (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )      それから彼女の家にまで行ったんだお
    \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://
                                                      / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                              ・・・そしてお前はどうしたんだ?   (●)(● )   |
                                                    (__人__)     |
                                                    (          |
                                                .    {          |
                                                    ⊂ ヽ∩     く
                                                    | '、_ \ /  )
                                                    |  |_\  “ ./
                                                    ヽ、 __\_/

23◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:49:02 ID:hQX.QBhQ


        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \     でも・・・彼女はやる夫の事知らないって言ったんだお!!
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /


      / ̄ ̄ ̄\        今なら解るけど、結局彼女も他の連中と一緒だったんだお
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、     やる夫の事なんて歯牙にも掛けないで嘲笑っていたんだお
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /     ・・・けどその時のやる夫はそれに気が付かなかったんだお



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //     ちょっと、止めるのだわ!離すのだわ!!
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"          ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _                ┃その時のやる夫は彼女の事を理解してなかったんだお。だから優しい ┃
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /      ┃                                              ┃
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\      ┃彼女がやる夫を拒否するとは思ってなかったんだお               ┃
// l       /\!          !    /.::::::::      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

24◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:49:34 ID:hQX.QBhQ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      ・・・それで?
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::、::::::::ヽヽ:::::\:::::::::::ヽ:\|_=,__::::::::::::     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
::::::::l:ヽ::::ヽ:\:::::\:::::::::::ヽ::ヽl'-'´`::::::::     ┃・・・やる夫は彼女を玄関で押し倒したんだお・・・・・・彼女は本当は  ┃
:::|:::l:|:ヽ::::::ヽ::\:::::\:::::::::/:ヽ`コ:::::::::::      ┃やる夫の事が好きだけど素直になれなかっただけなんだお。だから  ┃
::::|:::|:|::ヽ::::::ヽ::::\:::::\/::ヽ::::l`、=,:::::::      ┃こんな事を言ってるんだって思ったんだお                     ┃
:::::|:::|:ヽ:::\:::ヽ::::::\/×=えT `、_/l::     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
::/||:::::::ヽ::::::\:ヽ::/="rて::、:ヽ  | '-、
/ \_,/|ヽ:\:::// ヽ:`:'´::,l  u ||
       |::::\     ヾー´    ||
       |\:\       u  , -―
   洒    | ヽ,           ヽ:::::::           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   落    ヽ /           ヽ:::::           ┃あと、やる夫の愛情の深さも知って欲しかったんだと思うお・・・。けれど┃
   れ    | `ー、  _, --、    u ヽ::               ┃                                              ┃
   に    |  /|\  `ー'      |:::           ┃実際は現実を認めたくなくてやっちまった事だったんだお・・・・・・     ┃
    な    | /::|::l:|゛ - 、     //:::           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   ら   | /:::|:::|| l::::::| ヽ、_/:::/::::::
   な   >::::::/ |└‐'´ ̄´:::::/|::::::::
   い  │
   の   て
   だ  /
   わ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

25◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:50:06 ID:hQX.QBhQ


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \        だからやる夫は彼女の体を求めたお。彼女は行為の途中も大声で叫びながらずっと暴れぱなしだったお
  /  <○>  <○>  \
  |    (__人__)    |      でもドアも閉まってたし、家も住宅街から離れた所に建っていたから誰も助けにはこなかったお
  \     `⌒    /
  /              \      そんでどんどん声やらが煩わしくなったんだお


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ       そして気が付いたら、彼女の首を絞めていたんだお
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )     そしたら急に暴れるのを止めたんだお。行為もスムーズにできるようになったお
  \ ヽ (__人__)   / /
                      だからずっと首を絞め続けたんだお                / ̄ ̄\
                                                          / ヽ、_   \
                                                ・・・・・・     . ( (● )    |
                                                           . (人__)      |
                                                             r-ヽ         |
                                                        (三) |        |
                                                         > ノ       /
                                                        /  / ヽ     /
                                                       /  / へ>    <
                                                       |___ヽ  \/  )
                                                           |\   /|
                                                           |  \_/ |

26◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:50:39 ID:hQX.QBhQ


           ____
         /   ∪  \         首を絞め続けている事に気が付いたのは、やる夫が果てた後だったお
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、     その時にはもう彼女は・・・息をしていなかったお・・・・・・
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      _r:、,ィーュ、               ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                      〈´¨.:.:.:.:.:.`L:.\             ┃それでも彼女は可愛かったお。まるでお人形さんの様に綺麗だったお ┃
                     f¨´.:.:.:.:.:.:.:::::::: ̄い:.、           ┃                                               ┃
                   ゙ぅニユ::::.;.-‐ァ'ニ¨).:ヽ:、___       ┃だからやる夫はそのまま・・・行為を続けたんだお                 ┃
    _.. .、              し!.;ィァ", / ,イ从゙〉.:.:.i::!.:.:.:ん≠=:、   ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
   ((¨ ̄`ヽ、          ≠=彡イノイ ナ_大卅イゞ、:.>ヾ:ζ`ヽ.//
   ヾ    \ キニ≠ニ=- 、     _,リヾソ ' ̄`,/∧ |!)薔ツ!ヘ. ヾ`:、、
           ヾミx ヾ、 ̄¨ヾ:、彡ィノ}`.、/イ" !レ::厂 ノ j:ハ  \〉)
               `=≧=ニ≡=匕 入/∧ r―-|l:く彡/ ` い. ヽ\
             ,ィ彡‐ァiィキアぅ:.、,ィ' ゙̄ヾーソ:::::,:/::::>`L_    ヾ:、 ヘ、 `丶、
            ,イ/´ ,へf⌒ー{==≦ゝ:::_=宍ニ≦::r'.:.:.:.:.:.`ヽ.  ヾ;=-t廴ミ、`ヽ、
   ________ _」 L二≧ァ..:.:.:え.:._.:´.:.YTマ7¨´i_;;;:ト、.:ハ.:.:.:.:ゞ≦三‐┴ミー-ミ:、 \  ____
‐_¨二ニ=ァ一…  _ ..二ニ〈:\.:.:.:.:.|.:.i.:.:.:く≠彡`T´1:::::;ヘ`ゝ、.:.;ィ¨7 ̄¨フ!ノ`ー-=キゝ ヾ¨  ̄ `ヾ、、
 ̄  ,ィ"  ,..=彡'      ヾ::::i:.:.:.:|.:.\:.:rヽ、才"r≦三三彡:∨_.:ヾ、.:.:/`"     ヾキ =メ、    ヾ:、
 /   /           Ⅵ.:.:.:.ヾ.:.:ヾL;ミヽ、_j::::::;彡 ̄ζY´:`ヽ辷'        } トミ 卞ヽ、   l !
  /              \_;:斗'"´  `Y.:.:.:.:.:.:j,イィァ _イ人.:.:.:.:.`ヾ、       /,ハ l  ! \ \ ,リ
 /                      ,.、j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:¨´.:~.:.:ヾミ、:.:._,ノ        //  川 /   ヽ \
i ,′                 ___,厶 ̄二ニ=‐- 、.:.:.:.:.:.:.:.厂¨7!         /.:’ // /    ∨ ハ
{             ヾ ̄`´ ̄.:_;:ィ彡 '.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:ヽ、.:.:./.:.:.:.:.:.`ヾミー-=≦"_,/ /       i / |
ヽ              `ー-=≦ァ.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.`ヽ.:.:.:.:.:├ "_____  /   /
二ミ≧、                i_.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::.:.:.:::::.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:./ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄〉" 厶 _
― =ミ_\              〉’.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾミ≦.:.:.:.:.:.:.:.:-┴≦ ̄ ¨ ̄三ミ、
    _)ヽヽ          _..-‐{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ:::::::.;'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ`.:辷_ー-=彡'三二ニ___  ト、
ミ=≡三彡"_...-- ...__,才´.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.: Ⅵ::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ´ ̄ ̄`ヽ   ̄¨フミ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

27◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:51:12 ID:hQX.QBhQ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ   (被害者 備府出水銀燈  享年40歳)
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\        ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ       ┃その途中に彼女のお母さんが帰ってきて、焦ったやる夫は咄嗟に家に┃
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j          ┃ひきずり込んで抑えたお。「暴れたり騒いだりしたら殺すお」と言って ┃
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉           ┃黙らせたお                                       ┃
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |


          , '´,
        / /  , '    ハ
     , '  / / /    l |
.    // / / ,' ,′l l|  l ! l   |
    /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |   ・・・・・・真・・・紅・・・?
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|         ┃隣で横たわっている娘さんを見て、顔を真っ青にしていたお・・・そんな ┃
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l        ┃                                              ┃
         lヽ `     ̄ /,' /  l       ┃お母さんを見ていて、またやる夫の息子がいきり立ってきたんだお   ┃
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
        // /  ∨/l三三三/ , / l| |
      // /  /∠三三三l // l| |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

28◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:51:45 ID:hQX.QBhQ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         _ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::._ノ  ヽ、_::;;;ヽ      流石にやる夫も疲れてるお。しかも相手は40のおばさんだお
      / o゚○   ○゚o ヽ
     /::.⌒(__人__)⌒.::::;;;;i
     (::.   ` ⌒´  ..::;;;丿
      >::...     ..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )


         _ _
        /::. ソ .::;;ヽ ギン!
       /::.⌒  ⌒:::;;;ヽ       でも可愛いは正義だお!!!
       /::( >)  (<);;ヽ
     /::.⌒(__人__)⌒.::::;;;;i
     (::.   |r┬-/  ..::;;;丿
      >::...  `ー'´..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

29◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:52:17 ID:hQX.QBhQ


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \         そして今度はお母さんを犯したんだお
  /  <○>  <○>  \
  |    (__人__)    |       彼女は娘さんの死体を見た後だったから、すごく従順だったお
  \     `⌒J´   /
  /              \


      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\         やる夫の息子を咥えてもらったり、おっぱいも触らしてもらったお
  /   (__人__)   \
  |     |r┬-|     |       なにより膣は娘さんと違って絡みついてすごく気持ちよかったんだお
  \    `ー'J    /
  /              \

30◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:52:50 ID:hQX.QBhQ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          イ ト、 __〃                 ヾ r,==r ( __ j }
          /'_j |_ヽ_ |       |      |   |!  ,. ヽ_ノ∧!` ‐‐ '
          `7!K<二) ) | !  |! ! |       |! | l,  |!リ rr===、!ゝ、_
         /ィ'ヾ,、 ̄ ._j_j _|!|| ! ハ      l  | j!_!_j ハ ` =ィK__ ) )ヽ
        `´! /ハi  ヽヾヾ`!`lト、l! ヽ!.  リ!!丁|!l リノ|! ., / /∧ー r"|
           |// |^ヽヾヽ!ヽ== 、 、ヾヽヽ,ノ "γ.='= 、,メ!/! ,.V  l l レ'    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
           |Yハ  ̄i  |ト ! fj !         ' ! fj ! 1 リ /,   | l      ┃でもその間もずっと彼女は声を上げなかったお。呻き声や嗚咽すら   ┃
          ,ィ' ||!|ハ,, ヾ. ゝ‐ '          ゝ- '  / イliリ,   ヽ\    ┃                                              ┃
         / j ヾ! |!ゝ、._\       、         ,イ ///    | \` - 、 ┃しなかったお。眼もどこか遠くを見ているようで・・・嫌だったお       ┃
         V  人 ヽ:::::ヽ`       _ _        ∧:レ'//   │  `ー'´╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
           |   |!ハ ヾ,::::ヽ       `      ,イ::!/ '/      |
           |   |ヾ ヾ \ヾ`...、         . イ |:!:/   ,ハ     |
           |   |, ハ \ ヽr-- >_-_ _イ、_ j__j/   イ|: !    |
           |  ||! ヾ.ヽ.  ゙ゝ | !´::::フイト、ヽ: ̄::フ ,/ ,|从    |
           |  ィヽ    `..、  ゝ=='〃|l| ::ヽヽ--/イ ,,  |  ヽハ|
           |  ハ '!   rー '´ゞ ::::::::: |l|:::::l ! ̄::::〃ヽ rrァ ::⌒::ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \        その眼を見ていると、誰にも構ってもらえず
  /  <○>  <○>  \
  |    (__人__)    |       ゴミのようにに周りから見られた昔の事を思い出したんだお
  \     `⌒    /
  /              \

31◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:53:23 ID:hQX.QBhQ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \        だから・・・殺したのか・・・?
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く                                  / ̄ ̄ ̄\
   /     ヽ \                               / ─    ─ \
                                そうだお     /  <○>  <○>  \
                                          |    (__人__)    |
                                          \     `⌒    /
                                          /              \

32◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:53:55 ID:hQX.QBhQ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/      ・・・何度聞いても、俺はお前の罪は重いと思うだろ
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'        やる夫、お前はそれを後悔してるのか?
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


         ____
       /     \ ヤラナイオサン、ココハキンエンダオ
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \     後悔してるお。申し訳なかったと思ってるお
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /     遺族の方々にも謝りたいと思っているお
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./


         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:    でも結局最後までやる夫に会いに来てくれなかったお
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

33◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:54:27 ID:hQX.QBhQ


   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |::::::     (● ) )     ・・・・・・それは備府出さんも色々思うところがあるんだろうさ
. |:::::::::::   (__人)
  |::::::::::::::  `⌒´ノ          ....,:::´, .
.  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
.  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
   ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
   /:::::::::::: く         ,ふ´..
   |:::::::::::::::: \       ノ::ノ
    |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


      ___
    /     \       そういえばやらない夫さんと同じ名前でしたお
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \    よくある名前とはいえ、死刑への呼び出しの人が同じだとなんとも言えないお
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /    (※この世界ではよくある名前です)


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/    そんな事はもういいだろ。お前は死刑囚だ
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l     時間もだいぶ経ったし、お前を連れていくだろ
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


       ____
     /      \     ・・・わかったお、もうやる夫は死ぬんだお・・・
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

34◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:55:00 ID:hQX.QBhQ


      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ    ・・・やらない夫さん
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||                              / ̄ ̄\ ( ;;;;(
                                             / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
                     ずいぶん待たしてすまなかっただろ   . |  (●)(●)/;;/
                                             |  (__人__)l;;,´|
                                             | ./´ニト━・' .l
                                             | .l _ニソ    }
                                              /ヽ、_ノ    /           ____
                                            __/  /    ノ__         /      \
                                           / /  /       `ヽ.     /  _ノ  ヽ、_  \
                                           /´  ./       ,.  ヽ.   /  o゚⌒   ⌒゚o  \
                                           ト、_,/.       |、  ヽ  |     (__人__)    |
                                            |         |/  /  \     ` ⌒´     /


         ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /   /   \   丶
        │     /\     .|     いえいえ、そんな事はありません
        |    / ̄ ̄\    |
         \            /     では参りましょうか
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

35◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:55:33 ID:hQX.QBhQ


:::::::i:: :: :: :.|     |      \  \ .:.:.:..::.:.:.::::::|::: :.    !: : : : : :|           |  ∨    | :: :: :: :: :: ::/
:::::::|:: :: :: ::i    | ‐―‐‐ ‐‐ \_    .: .: .::: .: ::|::: :: :.   | : : : : : |  ―‐ ‐―   l        | :: :: :: :: /
:::::::|:: :: :: : :     |  ―‐‐‐‐ ‐‐ フ  : .:ヽ.:..: ::.:::}::: :: :.   |: : : : : | ―‐‐ ‐‐‐ |     i   |:: :: :: /
ヽ:::|:: ::::::: 」     |  ____ _ _ _ \.::: :::: :::.::::::.|::::::::.: .: .::i: : : : : | __ __ __,  |    | . : |:: :: r'
 }〈:: :: :: {    _〉            ヽ:: :: :: :: :: |::::::: :. :. :.|: : : : : :|           |     { . : {: ::.〈
/::::::\:: :: :.i   _ノ   _____ __   ):: :: >:: ::|::::::::::::::::::{: : : : : { _  ___ 丶_: :.」_ノ :: :: \
:::::::::: / :  ̄´: \           〈__ ::}:: :: |ヽ::::::::::::::.ヽ: : : :/.:〉          /: : ̄´ \:: :: :: ::〉ザッ
 ̄ /: : : : : :.\             / r`ー':: \ヽ:::::::::::{ rー   :/      .::::::::/: : : : : : \ ̄
  {: : : : : : : :〉        /.: .: .: .: .:. ::::::::::}ーrヘ__|__.ィ―「     .:.::::::::::::〈: : : : : : : :}
   ー-=ニニ=‐´_____ _ _ {ヽ_.: .: .:__.: /::rニ=㏄弋)=ニ){ ―‐‐‐‐‐‐ ‐ .:.::::ー-=ニニ=‐’ ‐―‐‐ ‐
                     .:.::::`ー-=ニニ=レ:::.:.: /rヘm、ト、\\
                    .:.:::::::::::::::::::/::::::: (_ソ^ミ爻シ^スrヘ) ヽ
                 .:.:::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::.:.::.:.:.::.:. : : : : :/}ザッ
            .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L::::ヽ:::.:._:.:.___ _ノ |
                  .:.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ=ニニ二__二ニ=一′

36◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:56:07 ID:hQX.QBhQ


      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l      (結局、死の間際ですらこいつから確定的に悪意ある証言を取ることはできなかった)
    l             l
    .l           l      (わざわざ苗字を名乗らず近づいたのは、少しでもこいつの本性を暴くためだろ)
    ヽ          l
     ヽ         l           ____
      .)     __,,../          /     \
     /===、_〈            /    ;   _ノ′
   /       \         /     ∪ :::(●
  /            ヽ        |         "`(__)
 .i       、    . l         \、          /´ヽ
 .l i         l     l           )       ィ ("_ノ
 l .l        l     l          / /⌒ヽ    ヽ ) |
 l l       . l     l          i l   |     |  |
 l l       . l    l          | |   |      |-‐'
 l .l       、   .ヽ         |.|   |       |
 ヽ .l       ヽ   ヽ         i〆  /       |
  ヾ、__  ___ヽ_, ')         ヾン´       l
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ          |     ィ  |
   l   l   l  l   l           l    |   /
                          〉    ノ 丿 ムキュムキュ
                         /   //
                         く、.,、,.,,(,≒,


       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ      (裁判で先ほどと同じように一貫して「反省している」「後悔している」と言っていた)
     |     ( ●) |
     |      (__人)     (なによりこいつは事件後、直ぐに自首することを自ら選んだ)
     |        ⌒ノ
     ン        ノ        (情やらなんやらと偽善振りまく世間様は、こいつの過去を取り上げて情状酌量の余地有りだと言いだした)
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´         (仕舞いには署名まで集め出して死刑の免除を提案しやがった)
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

37◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:56:39 ID:hQX.QBhQ


    / ̄ ̄\
  /     _ノ\        (曰く死刑は非人道的である)
  |       (●)
.  |       (___ノ)    (曰く死刑囚にも更生の余地がある)
   |        ´ノ
.   |         }       (曰く憎しみは何も生み出さない)
.   ヽ        }
    ヽ     ノ


    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ      (奴らは何もわかっちゃいない。死刑こそが遺族に残された復讐だってことを、な)
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)      (・・・法治国家である以上、仇打ちは法律上許されない)
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }        (なら俺達、遺族の怒りはどこに向ければいい?)
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


   / ̄ ̄\
 /       \        (だからこいつがこれから受ける処罰は俺にとってただの茶番でしかない)
 |          |             シガラミ     マイノリティー
. |         |       (世の中の柵ってやつが一個人を押しつぶした結果だろ、民主主義的に考えて)
  |          |
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽニニニニノ 、_
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
   ヽ::::::::::::::::::::::::i

38◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:57:12 ID:hQX.QBhQ


                     :::::::::::::_____________:::::
                     ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                     ::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
                     ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
                     ::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
                     ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
                      ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /            丶:::::::::::::::::::____:::::::::::::::::::::::::::::::::::
              │             .|::::::::::::::/      \:::::::::::::::::::::::::::::
                   |                |  /         \
               \           / /           \     / ̄ ̄\
                                |                |   /       \
                             \            ,/  . |         |
                              /           \  . |         │
                                             |          |
                                               .  |           |
                                              .  ヽ       /
                                                  ヽ      /
                                                   >     <
                                                    |      |
                                                    |      |

39◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:57:44 ID:hQX.QBhQ


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶    やらない夫さん・・・それでは後の事はお願いします
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\    ああ、どうも御苦労さまだろ
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

40◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:58:16 ID:hQX.QBhQ


            ___
       /      \  て
      /ノ  \   u. \ そ     やらない夫さんだけになるんですかお?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |      やる夫が暴れ出したらどうするんですかお?
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       お前今から死刑になるっていうのに随分と余裕だな
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)      普通の囚人なら既に暴れまわってるよ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

41◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:58:49 ID:hQX.QBhQ


       ____
     /      \          やる夫がやった事は取り返しのつかない事だお
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \       だからやる夫は反省の為にも死ななきゃいけないんだお
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /       ・・・もう覚悟はできたお            . __
                                                ./::::::. \
                                     ・・・・・・・・・・    /::::::ヽ;;:   \
                                              . (:::::(::::冫    |
                                              . (:人;;;) .    |
                                              r‐-;::::::. .     |
                                              (三)):::::.. .   |
                                              >::::ノ:::::::::.    /
                                             /::: / ヽ;:::::::::   /
                                             /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                               . |\::::::::::::;;:1
                                               . |:::::\;;/:::|


                    _____
                  /         \
                 /            \
               /   -一'     ゙ー-   \
                  /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \         最後にやらない夫さんに出会えてよかったお
            /    (   ● l    l ●   )    \
            |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |       人生でやる夫に親身になって話を聞いてくれたのはやらない夫さんだけだったお
            |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
             \       `ー ─'^ー 一'       /
              \        ー一        /
              /                 \
             /                     ヽ
              |                         |
             |    i                   i    |
                  |    i               i    |
           , -‐┴-、__,i                  ゝ、ー┴‐--、
     ̄ ̄ ̄ ̄く / / ァ- ,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (, -r ヽヽ 〉 ̄ ̄
           `ー' ー´ ̄                    ̄`ー 'ー´

42◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:59:21 ID:hQX.QBhQ

     :::::_____________::
     ::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |:
     ::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|:
     ::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:
     ::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:
     ::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:
     ::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:
     ::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|:
     ::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:
     ::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:
     ::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:
     ::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|:
     ::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |:
      ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ::::::::::::::::::::::::::::/           \    ・・・じゃあ、やる夫は行くお
     ::::::::::::::::::::: /               \ :::::::::::::::::::::::
           |                  |
           \             ,/
           /               \
                                 やる夫!>

43◆ZnBI2EKkq.2010/09/20(月) 23:59:55 ID:hQX.QBhQ


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      お前がこれから受ける刑罰は死刑じゃないだろ
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・      それはどういう事だお?
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |       確か裁判では死刑判決だったんじゃ・・・
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                   ./ ̄ ̄\
                  ./     _ノ ⊂_ ‐-'         それについてはこの部屋に入って説明しよう
                  |     ( ―)  λ   ヽ
                ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
              __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
            /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l

44◆ZnBI2EKkq.2010/09/21(火) 00:00:28 ID:flKSQVRI


     |
     |
     |
     |  .:
     |
     |
     |
     |
     |__________________
   /         ____
  /          /    ./..|
/          _/    / .|
         i'''i__i'''i ̄,,,,,,/
           ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄
              ̄ ̄


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\     変な椅子しかない簡素な部屋だお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    周りはコンクリで窓すらないお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)       やる夫、お前がこれから受ける刑罰についての情報は極秘中の極秘として扱われている
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ       その刑罰の名前は・・・
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

45◆ZnBI2EKkq.2010/09/21(火) 00:01:01 ID:flKSQVRI






                         「自殺刑だ」

50名無しのやる夫だお2010/09/21(火) 00:08:14 ID:Hc9e..AE
これは期待せざるをえない

53名無しのやる夫だお2010/09/21(火) 00:52:45 ID:.zH9NLWg
おもしろい

54名無しのやる夫だお2010/09/21(火) 01:02:53 ID:prawfyuY
乙でした。
次回も楽しみにしてます!

55名無しのやる夫だお2010/09/21(火) 10:07:38 ID:CH4J/seU
乙でした
次回も楽しみに待ってます

関連記事

コメント

コメント投稿

※最近キツめのコメントが散見されます。投稿する前には一呼吸置くようお願い致します。

最新記事

カテゴリ

ボタン群

Twitter: 
Facebook: 
ブログランキング: 

トラックバック

トラックバック URL
http://theateryaruo.blog71.fc2.com/tb.php/1-4ac25e22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

theateryaruo

Author:theateryaruo
個人的におもしろい!と感じたやる夫系の話をまとめるブログです。

JavaScript をON にするとビューアで観ることができます。

ビューアの使い方については、ビューアの使い方 をご覧下さい。

まだまだ拙いですが、のんびりじっくりやっていこうと思います。よろしくお願いします。

こっそりと作ったツール

カスタム検索でAA検索を作ってみました。AAを探している人は使ってみてください。(未熟な出来)

月別アーカイブ

カテゴリ別リンク

RSSリンクの表示

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。