やる夫はソロモン72柱の悪魔と戯れるようです 第3話 「49番目温泉命人」 その4 劇場風やる夫まとめ

やる夫まとめ。ビューア付き。JavaScript をON にするとビューアで見ることができます。

Top Page > スポンサー広告 > スポンサーサイトTop Page > やる夫はソロモン72柱の悪魔と戯れるようです > やる夫はソロモン72柱の悪魔と戯れるようです 第3話 「49番目温泉命人」 その4

スポンサー広告  の記事一覧
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

    • 99
    • :名無しのやる夫:
    • 2011/07/13(水) 17:44:04
    • ID:-
    • [ 編集 ]
    • 単純に戦闘力だと、コブラがパートナーの実質二人分の戦力がある
      やらない夫が一番強そうだなあ・・・。
      正規の召還でないのが悔やまれる。
    • 100
    • :名無しのやる夫:
    • 2011/07/13(水) 18:18:12
    • ID:-
    • [ 編集 ]
    • アディリシアは本職だから複数の悪魔を使役してもおかしくはないが
      写本のみのやる夫がここまで召還できるのもすごい

      それにしても、コブラの存在感は薄れる事がないね
      これも別の意味ですごい
    • 126
    • :名無しのやる夫:
    • 2011/08/09(火) 02:41:38
    • ID:SFo5/nok
    • [ 編集 ]
    • ああ、なるほど。我様の天敵か

コメント投稿

※最近キツめのコメントが散見されます。投稿する前には一呼吸置くようお願い致します。

最新記事

カテゴリ

ボタン群

Twitter: 
Facebook: 
ブログランキング: 

トラックバック

トラックバック URL
http://theateryaruo.blog71.fc2.com/tb.php/157-35496c57

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


やる夫はソロモン72柱の悪魔と戯れるようです 第3話 「49番目温泉命人」 その4

やる夫はソロモン72柱の悪魔と戯れるようです  の記事一覧
155◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:12:25 ID:cVC962ek

やる夫宅
         ____
       /⌒L) ) ) \
      イ/⌒ハ ̄ ̄ ̄ ̄ハ
     イ __ ハハハハハハハハ
    イ ∠_/ ハハハハハハハハハ
    イ  │;:;:│  ハハハハハハハハハ
   イ  │;:;:│   ハハハハハハハハハ
   イ_,,│;:;:│__ハハハハハハハハハ
   -‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-

156◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:13:57 ID:cVC962ek

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (●) \   ぶっちゃけ安全かどうかわからないけれどとりあえず自宅だお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    襲撃は今のところ無いから大丈夫なんだろうけれど
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ    追跡自体は振り切れたと見ていいだろうな
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |    あいつが転入してきた時点でこっちの住所は漏れてるかもしれないが
            |   ` ⌒´   |                  つむ
            ヽ        }    それと念のため右目は瞑っとけ、気休め程度だが更に情報が漏れないとも限らない
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

157◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:14:55 ID:cVC962ek

                      ,. - ‐ - .,
                   ,r,,'´r ノ  ミ《、、 `,ヽ
                  r', 从ノi {ノ}}、,`i ゛{ ト"'゛ヽ
                  ゝ从 ` ' ` " '" `^}{ 〃, ハ
                  {,{,,、 ,, ,、  ,. r=、'ゝ, リ"ハ
                  ゛}=示'} ≧"志、 ` {( リ} } i     当面の危機は回避できたようだし
                   { ` ,'  ` `゛ー´ |j "彳,r、}
                       }  !、 _      r "{´' }     早速、コチラの要望も聞いてもらいたいのだが
                   }  `´      ´  r' ./               たんか
                   ハ' ´ニ二ー- i /  r-イ       ……まさかあの啖呵は場の勢いで
                    ヘ    `     ノ  |            ほご
                     'ー、__,. r ‐ ´  .| ,、      約束を反故するというわけもあるまい?
                     ,.イ i      |   >'?ヽ
                   ,. r ´/| ト、    リ  r'三三ミゝ、
             _ ,. rー ‐'´         /   ノ三三ミr ´| |ヽ
          ,r‐ ' ´  、       ヽ       /三三ミ/|リ| |き| |ヽ
         /      `ー――--、   ,.----‐イ三三/| | | | | 屋| | ハ
        /                   /|/三三/| | リ| | | /| | r ´ヽ
       /   ,               /i | /三三イ| | /| | | | /| | | |ヘ、
        r    ヽ            /き| |イ三三/ミ|| | | | | |/| | | | | | | |`
      i      ヽ         /| | | 屋/三三三ミリ| | | | /| | | | | | | | | ハ
    /´  ,.、-‐-、 リ     ,. ri´| | | | | /ミ/三三三三/| | |/| /| | | | ?| |
   ./ r‐r',._ `^ヽ,`ー-、,. r´ir´| | | | | /ミミ/三三三三/| | //| | | | | | | | | | |
   / r‐ィ´   ̄`ー ,. `、 ヽ/| | | | | /,. -‐-ー―-´-`‐-、/r'| | r―-| | | | | |
  ./  }‐',´,、` ≧ _、 _≧ ---― ´   ",     ´`ー-っ-L| | | | | | | | |
  {   `r ´ ̄ ,             , , ; ー,、_   '" ,. ´ヽ´ヽ、|ヽ≦



               ____
             /      \
           / ─    ─ \   おう、約束は守るお
          /   (―)  (●)  \
            |      (__人__)     |  一応コチラも出来る限りの口答えはさせてもらうけれど
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

158◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:17:28 ID:cVC962ek

       ,, ー" ̄"゙゙ヾfxヽ、
     ,ィf´         )ヾ、
    r%      y) 从トメヾミソy
   ,fヾ   ,jヾ从爪wリヘ从ヾイハYj    先の貴様の言に従った契約なら
   ト《ヘ  ャj从fイ(ソ(Jハヾ'`ソ` jリ
   じwtミ爪ミルt(    u  .,,;;;i     口答えも許されないが……
   j,y=、ミハィt   ,,;;;;ェッwt ji,kキi´
   i,{(d {iji    ^~ セfケ ` ベ゙ i
   ルヾ__     ヽ        ,,∨丶、_
   jリi  `ヽ.       ーt-ノ   `ヽ
    シ.    ヽ  l  ;  -一'ィ. j     ヽ
  ''゙´      ヽ、     ¨´ i ノ     i   ヽ
            ` ー‐一' ,'     |
       __         ノ      |
         `¨'''ー-- 、



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    そうさ、その通りさ
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)    だがルシウスさんよ、アンタどうするつもりだい?
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉    やる夫を一滴ばかしのこして全部貰う、何て言った日には
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_  残念ながら地力の分はアンタにあるが、それでも俺がやる夫の「口」になるぞ?
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

159◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:18:24 ID:cVC962ek

          ,.r : : : : : : : : : : : : : : : : : : .三三三圭圭圭
         ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .三三圭圭圭
          ,r': : : : : : :、 : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : . 三三圭
        {  , ヽ,}、 i ,、\ ト、 _`ー、'ー: : : : : : : : : 三三圭   ふん、他の誰かであったら可笑しくもあるが
        'r, } ) トハヘメ } '`ーハヘ,ハ 、ーッ`、 ,. r 、: :三三圭
        {` ' {( ヽ`ー' ヽ    ' }/`ー-、、 ヽ/ r'、 }: :三圭圭  その少年なら、お前が肩入れするのも分かるな……
        {, ヘ 'ー       j       } }}  し、 }: :三圭
        ' ハヘ     ,.r,=‐'      '    { |: : .三圭  安心しろ、悪魔に「魂のみならず全てくれてやる」といった人間
           ヘ ,、 ,.';'==‐ ´-          リ: : : 三
              ヽ'';!!ハ {} ノ         i   ハ`ヽ: : : 三   そんな存在、普通の娯楽の類に興味の無い私でも
三           ! '' ´ヽ、     j   ノ   ',  ヽ: :
圭三          | , ;;    \\ヽ        }   ヽ: :   全てを奪うには惜しい、と感じるさ
圭圭三.        }                     ヽ:
圭圭三           !、  ,rー      、       ノ
圭圭三         `ー' },    __,.、  ヽ      /   i
圭圭三            `ーr´,、        /
圭圭圭三             ` }      ,≦、
圭圭圭圭三             ヽ_,. - ´   ヽ、



                  `ヽ
                    ∨〉
                      `ーっ
                         )
                         い
                          ノ
                      j     レ
             イ /  ノ ノj    ノ
           / レ'ニ二ノ ノ    >
          (  / イオ  ハ  フ     ま、そりゃそうだ
          ヽ >  < じ}:   (  ̄
          )     _ン´    、 __      そんなヤツ他にはまずいないからねえ
_ィ<       ソリ          '::  ヽ
/ ) )     ノ /         、     ノ    でも、そうじゃなくても何かしら望みはあるんだろ?
{( ハ      ( _.ィ!    r       .´ィ  ̄
  _l      ノ    ハ      (_____ 「全部やる」といった人間から全部奪う悪魔は居ないが
ー  \ \_ニ'      ` ー―<//////////(ミ)
    :::.ヾー              ノー――――' それで引き下がるような悪魔も俺の知ってる地獄には居ないはずだぜ?
::\  :::::\          ヾ:::::ア
::::::::\  :::::\          j{
::::::::::::::\   ::::>         )

160◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:19:33 ID:cVC962ek

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    こちらの提案に対し妥協はしてくれるようだけど
/    (一)  (●) \
|       (__人__)    |   だからといって軽い要望でもない、と
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    まあ、別に多少の無茶ならドンと来いですがね
.\ “  /__|  |
  \ /___ /    恩人……恩悪魔には違いないし



             ,. -‐- .,_ ,.,__
           , r'  , , ,  ,  `ヽ、
         ,r ´   リ"ミ  ' `ー、ヽ、`ー、
        ,'    , , ´ノ )人`、 ,、_ ヽ}、`、 ヽ,     ふむ、ならばコチラの要望を言わせて貰おう
       /     リ {(、し'  ``'ー '´ `'ハ},)
      ,'  i ノノ })ヽ)       ,ヽ  ヘ     ……知ってのとおり、私は「浴槽の公爵」
      {  { {' ヽ  ,r'´≧≡=;;=´ ii/≦`,
      {  ` '} )'`'  ´ r´, 示`,`  ハ,云`{     温泉の発掘を得意としているが、実は同時に
      ', i 、し{、ゝ       "    ヘ゛ .}
      ハr'ニ‐'`  ヘ     〃        ) |     「湯」全般の研究をしていてな、その協力をして欲しいのだ
       !、 {ヽ   ハ   "    -=、~  |
        ヽ `! 、           _、,._ |
         `トーヘ    |,  、  - ' ´_ ,`/
          }  `、     '    ´   .{
             |   `ヽ、        _ - リ
          |  、    ` ー ―  ̄  /          , ,r,、^
             |  ヘ        " "ハ,r‐- 、 ,. r ^ ' 、 r ,´r´,.、 ヽ
          ,.|  ハ        /  ハ/   `ー' }  ,r ´r ´  ハ
       _,/ '   ヘ       /  /     /  r'´ /   ヽ
  ,. - ‐ ´        `        /  /      /   ヘ `{
,.r'               }   /  /      /     `ーヽ,
      ,. - 、        !、   {,. /     /     /  }

161◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:20:49 ID:cVC962ek

                    ___
                  / /  ̄ : `` ヽ、
                 ハ 〈 / / .:/ :: !
                   | ,- _  ___, -‐ヾ:::|
                {:| , へ |::|  , ヘ、 !/|       ほう、確かに先ほどのあぁの嬢との会話の際にも
                ト|' _ `:!  '´__ ヽ!: !
                |'.!/   ヽ'l /  `i レi|ヽ      そぉーのような事を言ってましたねー
              , - | |:ヽ __ノ ̄ヽ___ノ.,' |j\ヽ、
            _ / / `┤   |      l/ ヽヾ\ヾ   しぃかし、能力は能力でしかないはずでぇーすよー
        , - '´   /   /:ヽ _レ_,┐ハ   ヽ   ̄` ー- 、
     /´       /     !:::::ヽ'ヾニ二ノ/:::::!    ヽ       `\ 何ぁ故わざわざそのよぉーうな研究を?
    〈           /     !:_-`-、二、'____!    ヽ        〉
    ヽ      /__/ ̄ 二ニ三ニ>    \ へ、|       /
     ∧ ヽ   / |´      ´ ─ '/     /ヽ _/       /`>
.   , ′ \.ヽ /   !ヽ  , -‐'´>`ヽ、´7 ̄ゝ/ 〃 ヽ //   ヽ
   /        /   |  `/ |::::::::: !`'´:``':/ :::::::ト、ヽ/    \      ヽ
.  /     /    ヽ 、| |:::::::::::.!::::::::::/ ::::::::::! /      \     \
 /    /         ヽ| |:::::::::::::.!:_::/ ::::::::::::|\         \ 、     ヽ
./   /         /  !:::::::::::./ :\:::::::::::::|  \            \` ー   \



                      ,. - ‐ - .,
                   ,r,,'´r ノ  ミ《、、 `,ヽ
                  r', 从ノi {ノ}}、,`i ゛{ ト"'゛ヽ
                  ゝ从 ` ' ` " '" `^}{ 〃, ハ
                  {,{,,、 ,, ,、  ,. r=、'ゝ, リ"ハ
                  ゛}=示'} ≧"志、 ` {( リ} } i      私もソロモンの悪魔の多くと同じく
                   { ` ,'  ` `゛ー´ |j "彳,r、}            パワー 
                       }  !、 _      r "{´' }      かつては能天使の一人でね
                   }  `´      ´  r' ./
                   ハ' ´ニ二ー- i /  r-イ        私の能力なぞつい数百年前まで
                    ヘ    `     ノ  |
                     'ー、__,. r ‐ ´  .| ,、       特に価値の無いものだと思っていたのだが……
                     ,.イ i      |   >'?ヽ
                   ,. r ´/| ト、    リ  r'三三ミゝ、
             _ ,. rー ‐'´         /   ノ三三ミr ´| |ヽ
          ,r‐ ' ´  、       ヽ       /三三ミ/|リ| |き| |ヽ
         /      `ー――--、   ,.----‐イ三三/| | | | | 屋| | ハ
        /                   /|/三三/| | リ| | | /| | r ´ヽ
       /   ,               /i | /三三イ| | /| | | | /| | | |ヘ、
        r    ヽ            /き| |イ三三/ミ|| | | | | |/| | | | | | | |`
      i      ヽ         /| | | 屋/三三三ミリ| | | | /| | | | | | | | | ハ
    /´  ,.、-‐-、 リ     ,. ri´| | | | | /ミ/三三三三/| | |/| /| | | | ?| |
   ./ r‐r',._ `^ヽ,`ー-、,. r´ir´| | | | | /ミミ/三三三三/| | //| | | | | | | | | | |
   / r‐ィ´   ̄`ー ,. `、 ヽ/| | | | | /,. -‐-ー―-´-`‐-、/r'| | r―-| | | | | |
  ./  }‐',´,、` ≧ _、 _≧ ---― ´   ",     ´`ー-っ-L| | | | | | | | |
  {   `r ´ ̄ ,             , , ; ー,、_   '" ,. ´ヽ´ヽ、|ヽ≦

163◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:22:40 ID:cVC962ek

                 ヾ ,   ゛, イ   ,ソ  イ   、
                 | /ミ,/ノ ,|   八从 ,rト、   「|k  |!
         ノ ,刈,   ミ},{ ( 乂人ミ彡゙l刈 } }ハ ト、ト ,f'
            {{ ,刈,ノ儿'     u \  ノ ,ノ ,ノ八 ハハ乂リ
               「乂!''                 "´ |
          ,災|!ミ=ー ,;;彡ミミミミッ、       /     ,|
         ― 、从      _厶==ミミミ彡'  /  ,,,;;彡ミ|
             Υノ'      '´ じリ  ヾ    〈彡==ミ、}  かつて、この地「ニホン」に召喚された時私が見つけた温泉に
         {⌒Y ノ       `ー‐′     ヽ´じリ`ヾ/
           {    |  ..:::::::::::::...            `ニニ′{   平たい顔の召喚者が戯れで入れ、と促したのだ
         J    し'::::::::::::::::::::           }  :::::j
.         ヽ       ::::::::::::::::::   、      ノ :::::::   そしてそのときに気付いた!!
        `ー1            `   `¨´    /
            |                      /     「この地上の極楽!!極めれば天界に戻ることも出来るのでは?」
          ハ          ∠ニニ二二二7   /
.             λ       /      \,/  /      とな
              ∧.       ヽ ー――― 〈  /
            ∧      `ー――一 ' /       ソロモン王に使われて以来、ただダラダラと時折の召喚に呼ばれて
              \             /
                    >             ノ         嵐の幻や、温泉での金儲けやら――それが金になることは
                     ̄ ̄ ̄
                       /             知っていたのだが――に従事し疲れ果てた体を一瞬にして癒してしまった!!
                         /
                     { \            そう、温泉こそが私が元の地位へ戻る手掛かりなのだ!!
                        \
                              \



          ,.r : : : : : : : : : : : : : : : : : : .三三三圭圭圭
         ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .三三圭圭圭
          ,r': : : : : : :、 : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : . 三三圭   その召喚者の契約が切れ、地獄に戻って以来
        {  , ヽ,}、 i ,、\ ト、 _`ー、'ー: : : : : : : : : 三三圭
        'r, } ) トハヘメ } '`ーハヘ,ハ 、ーッ`、 ,. r 、: :三三圭   ひたすら「湯」「風呂」「温泉」の研究をした!!
        {` ' {( ヽ`ー' ヽ    ' }/`ー-、、 ヽ/ r'、 }: :三圭圭
        {, ヘ 'ー  u    j       } }}  し、 }: :三圭   幸い、地獄にも灼熱と、その傍の鉱物の解けた水があり
        ' ハヘ     ,.r,=‐'      '    { |: : .三圭
           ヘ ,、 ,.';'==‐ ´-          リ: : : 三   存分に研究することは可能だった
              ヽ'';!!ハ {} ノ         i   ハ`ヽ: : : 三
三           ! '' ´ヽ、     j   ノ   ',  ヽ: :    いかな成分が生き物に癒しを与え
圭三          | , ;;    \\ヽ        }   ヽ: :
圭圭三.        }                     ヽ:  いかな環境が生き物を安らぎへ導くのかを!!
圭圭三           !、  ,rー      、       ノ
圭圭三         `ー' },    __,.、  ヽ      /   i
圭圭三            `ーr´,、        /
圭圭圭三             ` }      ,≦、
圭圭圭圭三             ヽ_,. - ´   ヽ、

164◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:24:14 ID:cVC962ek

                  ,. -r_ー_ ,、
                ィイ从爻ゝ彡ヘ    そう、「生き物」!!
               jリノ` ` ゝ仆小
                   {jトrぃj トrぅyハjイ    天使、悪魔、人間、動物それらを問わず楽しめる「湯」を!!
                 v  {_:,  jノィノ
                  、 -ー-  ´j′    私はここ数百年来、目指している!!
                ト .._ _,.イ/:{
            _,. -‐ ′ :. .:;′ゝュ_、、 
           /´  : .ー- - :.,  ,: '´ `ヽ ゝ、
        /     .:     :. ..`. .    . :V 、ヘ
         /     ;. .       :.   . : .:.v' ハ ヽ
      ,ノ:. . . .:!:.       .;       .:V:. ヽハ
       ´  : . ..:.:j 、:.. . .   . .,: '     . .:.:.:.;、 :.、 .ヘ
     /    . .:;イ:., `     ., :.., ' :.,.:.. ..:.::,:´.::V:.\、,ゝ、
.   /   . ..:.:;/{  : . ,: ' ´ .; . :. `'.,:.::/.:..:.:.:ヽ`://二.ヽ
    ' . ;.:.. . ;/  ゝ      . .:' . :. . ..:.:/.: . :..:.:.:! ゝr'ニ, j
  /   .:`.Y´ ,. -‐=====-_:'_ :..;. . ..:.:/:.:. ,.: ´:j : .: :.::!´
 {    . :.::、 k{__        `ヾi;.:`丶;ハ:.:;.: .  ;!  :! ;. .:!
.  \   :..:.', {!_ ̄ ====== "_j . . ..:} V.:.:.. .::{  .:! :. :!



     ____
   /     \
  /  ─    ─\   あい分かりましたんで、そろそろ具体的にどう手伝えばいいか
/ し (―)  ‐=・= \
|       (__人__)    | 教えてくださいませんか?生憎工房とかそういうのは無理なんですが……
\     ` ⌒´   ,/

165◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:25:39 ID:cVC962ek

                      ,. - ‐ - .,
                   ,r,,'´r ノ  ミ《、、 `,ヽ
                  r', 从ノi {ノ}}、,`i ゛{ ト"'゛ヽ
                  ゝ从 ` ' ` " '" `^}{ 〃, ハ   ぬうすまぬな、興が乗ってしまった
                  {,{,,、 ,, ,、  ,. r=、'ゝ, リ"ハ
                  ゛}=示'} ≧"志、 ` {( リ} } i   さて、貴様見たところ湯を楽しむ民族の
                   { ` ,'  ` `゛ー´ |j "彳,r、}
                       }  !、 _      r "{´' }   「平たい顔族」であるな?
                   }  `´      ´  r' ./
                   ハ' ´ニ二ー- i /  r-イ
                    ヘ    `     ノ  |
                     'ー、__,. r ‐ ´  .| ,、
                     ,.イ i      |   >'?ヽ
                   ,. r ´/| ト、    リ  r'三三ミゝ、
             _ ,. rー ‐'´         /   ノ三三ミr ´| |ヽ
          ,r‐ ' ´  、       ヽ       /三三ミ/|リ| |き| |ヽ
         /      `ー――--、   ,.----‐イ三三/| | | | | 屋| | ハ
        /                   /|/三三/| | リ| | | /| | r ´ヽ
       /   ,               /i | /三三イ| | /| | | | /| | | |ヘ、
        r    ヽ            /き| |イ三三/ミ|| | | | | |/| | | | | | | |`
      i      ヽ         /| | | 屋/三三三ミリ| | | | /| | | | | | | | | ハ
    /´  ,.、-‐-、 リ     ,. ri´| | | | | /ミ/三三三三/| | |/| /| | | | ?| |
   ./ r‐r',._ `^ヽ,`ー-、,. r´ir´| | | | | /ミミ/三三三三/| | //| | | | | | | | | | |
   / r‐ィ´   ̄`ー ,. `、 ヽ/| | | | | /,. -‐-ー―-´-`‐-、/r'| | r―-| | | | | |
  ./  }‐',´,、` ≧ _、 _≧ ---― ´   ",     ´`ー-っ-L| | | | | | | | |
  {   `r ´ ̄ ,             , , ; ー,、_   '" ,. ´ヽ´ヽ、|ヽ≦



..      ____
     / ―  -\    ん、日本人ってことかお?
.  . /  (ー)  (●)
  /     (__人__) \  さっき日本に召喚されて~って言ってたし
  |       ` ⌒´   |
.  \           /  そういうことならやる夫はその通り「平たい顔」の日本人だお
.   ノ         \
 /´            ヽ  お風呂も毎日入る、高校三年生だお

166◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:26:50 ID:cVC962ek

  fリ儿災,災.ト、!|儿!k.ト、!|儿災、!|儿!!k.ト、災
  i!リl リ}八从  iヽk.ト、! lル' ゙l刈災ヽk.ト、
   l  !            ヽ  ヽ   災刈
   !                    `i、   矢張りそうであったか!!
   f ッッx    l
   {  `゙ヾミ   i iヾ,,     ,,,,,;;ッッッッッ,       先の女子はゲルマン系であったから少し不安であったが
   .ヽ   `゙ミミ   ヾミミミミミミミ''"´゙゙゙゙゙゙
    l .,.===、ヽY       , ====、         よし、そうと決まれば早速……
    l { (:::) ) i      { (:::) _ ノ
     l   ̄ /  ;;     ̄
    l;;;;;;;; ,/     、   ,,,,,
  .-‐个;;; { ゙゙゙     }  ;;;;;;;;;;;
     λ  .ヽ    _一′  ;;;;;;;
  、 ;;; λ L_ `‐´    丶 ゙゙
   ゙ 、 λ ヾ_ _ ̄ ー ー- 、 l
 ヽ  i!. λi ゝ、 _   才 !
 , '`´ , λヽ      /丿
 { .!!  ;;; λ  ` ニ f ´         ,,-''"
 '  lj    λ             ,-''"
          .ゝ _ _ __ , ''"

167◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:28:25 ID:cVC962ek

       ___________________________
      |\                               ___   \
      |\\                                 \    \    \
      |  \\                               \__\    \
      |    \\                                          \
      |      \|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!二二二二ニi_
      |        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::|
        \      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|  ゴドッ
          \    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
            \  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
              \|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
                . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

168◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:29:42 ID:cVC962ek

      ____
    /ヽ  /\
   /(ー) (●)丶   ……棺おけ?
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l



             ,. -‐- .,_ ,.,__
           , r'  , , ,  ,  `ヽ、
         ,r ´   リ"ミ  ' `ー、ヽ、`ー、
        ,'    , , ´ノ )人`、 ,、_ ヽ}、`、 ヽ,
       /     リ {(、し'  ``'ー '´ `'ハ},)
      ,'  i ノノ })ヽ)    u  ,ヽ  ヘ   うむ、湯船を張る浴槽も雰囲気の為に大事なのだが
      {  { {' ヽ  ,r'´≧≡=;;=´ ii/≦`,
      {  ` '} )'`'  ´ r´, 示`,`  ハ,云`{   今は持ち合わせが無くてな
      ', i 、し{、ゝ       "    ヘ゛ .}
      ハr'ニ‐'`  ヘ  ι  〃        ) |   さて、詰まるところ私が貴様に頼みたいのは「人体実験」だ
       !、 {ヽ   ハ   "    -=、~  |
        ヽ `! 、           _、,._ |    様々な「湯」を調合したはいいが検体となる「人間」が居なくてな
         `トーヘ    |,  、  - ' ´_ ,`/
          }  `、     '    ´   .{
             |   `ヽ、        _ - リ
          |  、    ` ー ―  ̄  /          , ,r,、^
             |  ヘ        " "ハ,r‐- 、 ,. r ^ ' 、 r ,´r´,.、 ヽ
          ,.|  ハ        /  ハ/   `ー' }  ,r ´r ´  ハ
       _,/ '   ヘ       /  /     /  r'´ /   ヽ
  ,. - ‐ ´        `        /  /      /   ヘ `{
,.r'               }   /  /      /     `ーヽ,
      ,. - 、        !、   {,. /     /     /  }

169◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:30:57 ID:cVC962ek

          ,.r : : : : : : : : : : : : : : : : : : .三三三圭圭圭
         ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .三三圭圭圭
          ,r': : : : : : :、 : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : . 三三圭   ほれ、とりあえず今うってつけな
        {  , ヽ,}、 i ,、\ ト、 _`ー、'ー: : : : : : : : : 三三圭
        'r, } ) トハヘメ } '`ーハヘ,ハ 、ーッ`、 ,. r 、: :三三圭   「魔力を回復する」効能の湯だ
        {` ' {( ヽ`ー' ヽ    ' }/`ー-、、 ヽ/ r'、 }: :三圭圭
        {, ヘ 'ー  u    j       } }}  し、 }: :三圭   ほら、肩まで沈め
        ' ハヘ     ,.r,=‐'      '    { |: : .三圭
           ヘ ,、 ,.';'==‐ ´-          リ: : : 三
              ヽ'';!!ハ {} ノ         i   ハ`ヽ: : : 三
三           ! '' ´ヽ、     j   ノ   ',  ヽ: :
圭三          | , ;;    \\ヽ        }   ヽ: :
圭圭三.        }                     ヽ:
圭圭三           !、  ,rー      、       ノ
圭圭三         `ー' },    __,.、  ヽ      /   i
圭圭三            `ーr´,、        /
圭圭圭三             ` }      ,≦、
圭圭圭圭三             ヽ_,. - ´   ヽ、


ザブン!!
           i!i||!!
          i!i!:;:;!i!|
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|   じゃあああああああじょおおおおおおお!!
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|  体が!!体が痛い!!痛覚神経を直接弄られるようなこの痛み!!
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;  |          |  !i!

170◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:32:37 ID:cVC962ek

                      ,. - ‐ - .,
                   ,r,,'´r ノ  ミ《、、 `,ヽ
                  r', 从ノi {ノ}}、,`i ゛{ ト"'゛ヽ
                  ゝ从 ` ' ` " '" `^}{ 〃, ハ
                  {,{,,、 ,, ,、  ,. r=、'ゝ, リ"ハ
                  ゛}=示'} ≧"志、 ` {( リ} } i   む、知り合いの悪魔に試したときは
                   { ` ,'  ` `゛ー´ |j "彳,r、}
                       }  !、 _      r "{´' }   あっという間に回復したのだが……
                   }  `´      ´  r' ./
                   ハ' ´ニ二ー- i /  r-イ     そうそう、湯は飲んでも効果があるから貴様らも試していいぞ?
                    ヘ    `     ノ  |
                     'ー、__,. r ‐ ´  .| ,、
                     ,.イ i      |   >'?ヽ
                   ,. r ´/| ト、    リ  r'三三ミゝ、
             _ ,. rー ‐'´         /   ノ三三ミr ´| |ヽ
          ,r‐ ' ´  、       ヽ       /三三ミ/|リ| |き| |ヽ
         /      `ー――--、   ,.----‐イ三三/| | | | | 屋| | ハ
        /                   /|/三三/| | リ| | | /| | r ´ヽ
       /   ,               /i | /三三イ| | /| | | | /| | | |ヘ、
        r    ヽ            /き| |イ三三/ミ|| | | | | |/| | | | | | | |`
      i      ヽ         /| | | 屋/三三三ミリ| | | | /| | | | | | | | | ハ
    /´  ,.、-‐-、 リ     ,. ri´| | | | | /ミ/三三三三/| | |/| /| | | | ?| |
   ./ r‐r',._ `^ヽ,`ー-、,. r´ir´| | | | | /ミミ/三三三三/| | //| | | | | | | | | | |
   / r‐ィ´   ̄`ー ,. `、 ヽ/| | | | | /,. -‐-ー―-´-`‐-、/r'| | r―-| | | | | |
  ./  }‐',´,、` ≧ _、 _≧ ---― ´   ",     ´`ー-っ-L| | | | | | | | |
  {   `r ´ ̄ ,             , , ; ー,、_   '" ,. ´ヽ´ヽ、|ヽ≦



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |   へー味は案の定微妙だが、力が沸いてくる気がするな
     . (人__)      |
     r-ヽ         |   ん?契約者からの魔力供給も気持ち安定してきたみたいだし
     (三) |        |グイッ
     > ノ       /    つまり人間の「体」にだけ合わないみたいだな
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <      コブラ、お前もどうだ?
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

171◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:35:07 ID:cVC962ek

               ,,z--r 、___
             , ' ̄      ヽノ)
           _/           ヽ
          (              }、
            Y    ノ)ノ)人    ハソ)            俺は後で入らせてもらうぜ
          l  /气ノ  ィぇ、 ヽ  r‐、 ノ
          {  l rえ   `¨´   } l r l  )                       何もしてないのにお前回復早いな>
           )rゝ  ノ  、    ) } 〃 y
          ヽ } l  ゛       } ー´ ノ             毎朝コーンフレークを山盛り2杯食ってるおかげさ
           〉zzzzz-=‐ ´  ゝ  人
           `ヽヘ  ー´   ,イノ  ノ             温泉なんかより、温泉に入ってビールの一杯でも飲んだ方が
               ヽヘ     / ヽ_ {____  ____
              ゝl  ̄ ´_                   `  、   よっぽど体にいい気がするけどな
                    |        〃            \
                  /   /                    丶
              /   /                    \
                 /                          `丶
         ,, -‐´                 _  _
       〃      /            ノ : : : :.`ヽ         _
       /       /           /   : : : : : ::.ゝ、_    /
       ,′      ,′         /     : : : : : :ノ    > ´
        l  l     l  ___   ‐ ´     : :: : : : : / _ xz三ミ、
        |  ヽ                   : : : : : : :.//゙゙゙゙゙゙ミ三ミ、
      /   }_/              : : : : : : : :.〃      ミ三シ___
.     /   l               : : : : : : : : : :/       l
    /.    |              : : : : : : : : : : {_丿_  t  圦
.   /    人__ノ |           : : : : : : : : : l:::::l /      〉



       ,, ー" ̄"゙゙ヾfxヽ、
     ,ィf´         )ヾ、
    r%      y) 从トメヾミソy
   ,fヾ   ,jヾ从爪wリヘ从ヾイハYj
   ト《ヘ  ャj从fイ(ソ(Jハヾ'`ソ` jリ   「効果はあるが人間の体には合わず」っと
   じwtミ爪ミルt(    u  .,,;;;i
   j,y=、ミハィt   ,,;;;;ェッwt ji,kキi´    よし、記録も取れたし出ていいぞ
   i,{(d {iji    ^~ セfケ ` ベ゙ i
   ルヾ__     ヽ        ,,∨丶、_
   jリi  `ヽ.       ーt-ノ   `ヽ
    シ.    ヽ  l  ;  -一'ィ. j     ヽ
  ''゙´      ヽ、     ¨´ i ノ     i   ヽ
            ` ー‐一' ,'     |
       __         ノ      |
         `¨'''ー-- 、

172◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:36:24 ID:cVC962ek

……ザバン!
               ; -─‐──‐-、
             /             \
           / ;              ヽー''⌒´⌒`ヽ、
           l  U                l        \   っくぅ……
           |              ;  /⌒゛`       l:
           !、  \_}; {,_ノ´  ∪ |     ,      |   元気出てきたけど体に激痛が走ってるお……
            ト、((ー)  (●) ):  |     |    ,  .!
            /  ヽ  (_人__)___ , ノ |    |___,ノ   |   あーもう限界、あと溢れたお湯は拭いとけお?
          {  ⌒ヽ/     |     |    |     ,lー─- 、
             ヽ    \     l      ,|    |   ,/ )    )
           {ム    `}   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
           `ー…一-’   (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄



          ,.r : : : : : : : : : : : : : : : : : : .三三三圭圭圭
         ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .三三圭圭圭
          ,r': : : : : : :、 : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : . 三三圭
        {  , ヽ,}、 i ,、\ ト、 _`ー、'ー: : : : : : : : : 三三圭   分かった、後でな
        'r, } ) トハヘメ } '`ーハヘ,ハ 、ーッ`、 ,. r 、: :三三圭
        {` ' {( ヽ`ー' ヽ    ' }/`ー-、、 ヽ/ r'、 }: :三圭圭  じゃあ次は……
        {, ヘ 'ー  u    j       } }}  し、 }: :三圭
        ' ハヘ     ,.r,=‐'      '    { |: : .三圭
           ヘ ,、 ,.';'==‐ ´-          リ: : : 三
              ヽ'';!!ハ {} ノ         i   ハ`ヽ: : : 三
三           ! '' ´ヽ、     j   ノ   ',  ヽ: :
圭三          | , ;;    \\ヽ        }   ヽ: :
圭圭三.        }                     ヽ:
圭圭三           !、  ,rー      、       ノ
圭圭三         `ー' },    __,.、  ヽ      /   i
圭圭三            `ーr´,、        /
圭圭圭三             ` }      ,≦、
圭圭圭圭三             ヽ_,. - ´   ヽ、

174どこかの名無しさん2011/06/03(金) 23:39:09 ID:Ea77oQ.c
温泉魔神が可愛いと思うのは私だけかw

177どこかの名無しさん2011/06/03(金) 23:39:42 ID:ZGg1ZZTs
奇遇だな、私も可愛いと思う。

他人ごとだからな!

173◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:38:12 ID:cVC962ek

       ___________________________
      |\                               ___   \
      |\\                                 \    \    \
      |  \\                               \__\    \
      |    \\                                          \
      |      \|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!二二二二ニi_
      |        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::| ゴドッ
        \      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
          \    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
            \  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
              \|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
                . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (●)  \  えー
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



       ,, ー" ̄"゙゙ヾfxヽ、
     ,ィf´         )ヾ、
    r%      y) 从トメヾミソy
   ,fヾ   ,jヾ从爪wリヘ从ヾイハYj
   ト《ヘ  ャj从fイ(ソ(Jハヾ'`ソ` jリ    それでは入ってくれ
   じwtミ爪ミルt(    u  .,,;;;i
   j,y=、ミハィt   ,,;;;;ェッwt ji,kキi´     筋肉をほぐす効能がある「はずの」湯だ
   i,{(d {iji    ^~ セfケ ` ベ゙ i
   ルヾ__     ヽ        ,,∨丶、_
   jリi  `ヽ.       ーt-ノ   `ヽ
    シ.    ヽ  l  ;  -一'ィ. j     ヽ
  ''゙´      ヽ、     ¨´ i ノ     i   ヽ
            ` ー‐一' ,'     |
       __         ノ      |
         `¨'''ー-- 、

175◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:39:29 ID:cVC962ek




         ____   ぎゃあああああ!!コレほぐれるって言うか筋繊維を分解されるようなッッ!!
       /⌒L) ) ) \  <これもだぁーめみたいですよ?
      イ/⌒ハ ̄ ̄ ̄ ̄ハ  ドタドダちょっとーお兄ちゃん夜中にうるさいよー、眠れ無いじゃん
     イ __ ハハハハハハハハ  ごめぶうううう!!いや、なんでもおおおおないからッ!!
    イ ∠_/ ハハハハハハハハハ  <「人間には効き過ぎ」っとさて次は……
    イ  │;:;:│  ハハハハハハハハハ <もう今日は勘弁してやれよ、常識的に考えて
   イ  │;:;:│   ハハハハハハハハハ
   イ_,,│;:;:│__ハハハハハハハハハ
   -‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-    第三話おわった

179どこかの名無しさん2011/06/03(金) 23:40:57 ID:Ea77oQ.c
日本人で温泉研究って、もしかして無茶苦茶
効率的なんじゃないかと。いいぞ、もっとがんばれ

178◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:40:48 ID:cVC962ek

おまけ
~教授のやる夫日記~※人間の言葉に翻訳済み、一部抜粋

 ☆月×日

  今日久方ぶりに人間に召喚され、観察を条件に契約を結んだ。

 よって本日より、観察対象「乳速出やる夫」についての記録、
                                                              ,-=‐-、
 特に人間の言葉で言う「日記」と言うものをつけてみようと思う。                       l:::::::::::::l
                                                             r‐〉::::::::::ト、
 ちなみにこの日記で我が至高なる喋り方を再現してしまうと            ____      r入:ハ`弋:::::)
                                               /      \    ノ::>!:::::‐''::::::.:l
 筆記の速度、書き込み内容の濃度が低下してしまう為.            / ─    ─ \   ヾ-Ⅳ圦::::::/
                                            /   (●)  (●)  \   ノ `7::::/
 断腸の思いで通常の文体で記録する事を先に断っておく.         |      (__人__)    .   /气=k/
                                            \     `⌒´    ,/  ∧ ..:::::l
 ――我が今回の召喚者は孤独である、歪(いびつ)である、       /     ー‐    \  ,'...:/:::::::::,'
                                                           l:::::!::::::::/
 魂に難ありである。しかしそれらが故にこの“探耽求究”                        !::::l::::::/
                                        / ̄ ̄\             ',.::!::::(
 を呼び寄せたものと推測。非常に興味深く、我が野望、夢  / _ノ  ヽ、_ \             ヾ:::::::i
                                      | ( ●)(● ) |             |::::::::|
 へのヒントもこの男に隠されているかもしれない。       |  (__人__)  │           __>==ヲ
                                                          `≠!::::|
  これからも観察が楽しみである。                                     r''三三!

  コブラは少しいけ好かないが「アンドロマリウス」には

 感謝をしよう。――――

180どこかの名無しさん2011/06/03(金) 23:42:05 ID:Ea77oQ.c
教授、コブラは苦手なのか。
・・・口達者は苦手なんかのう?w

181◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:42:53 ID:cVC962ek

 ☆月○日

  先日の召喚と襲撃の際にも垣間見たやる夫の異常性は

 矢張り、日常に支障をきたすレベルであった。
                                                       -  ̄ ̄` - 、
 否、日常に支障をきたしたが故にこうなったのか.、                    /ー、         ヽ
                                                   , -、     ヽ、_     ハ
 それについてはまさに卵が先か鶏が先か、である。                  ノ!o }  !、_         ',
                                                 / >    o`ー--      }
 しかし、逆にそう考えると人のあり方として奇妙な部分が出てくる。         { /    ヽー- _  _   !
                                                 ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
 一度、検討してみる必要がありそうだ。「浴槽の公爵」あたりにでも         >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
                                                  <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
 頼んでみるよう、進言してみるか。                   r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
                                         ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
  何が原因であれ、今のこの男は非常に価値がある。.        ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
                                          ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
 少し変わったところのあるやらない夫であるが             ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
.                                         ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
 彼が肩入れするのもうなずけない話では無い。

 むしろ、自分も少しばかりは融通を利かせてやってもいいかもしれない。――――

182◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:44:34 ID:cVC962ek


 ☆月△日

 さて、召喚してからこうもすぐピンチに陥るとは思ってもいなかった。

 尤も、いつもどおり冷静かつ沈着な我が誇るべき思考であったならば          ヽ、     ヽ .__, -ー-、,_..::::::: :::::::::..
                                                     /´'  ̄`¨7´ ̄ ´ /    /   >ー廴::::::::::
 このような事態は事前に推察できただろうに。                  .     / /    /    /         ヽ  `゙'ト
                                               .     / /       / /    i     i   ヽ ヽ il
 とは言え、河童の川流れ、猿も木から落ちる、                      / / /     /      i     i 丶 ゝ   |
                                                   | i i     / |      |    i|  |  |   ヽ
 弘法も筆の誤り、と人の諺にいうように我にも失敗はある。              | i i  / i | i      イ i  ハ  |  :|  :i :.
                                               .    | , i i  i  ハ  i    i/ | |  i ∧ ∧ |  .:i :
 更に言うとあの女の襲撃のおかげでやる夫の濁りを                  | ,  ハ :代ナト、∧   / | ハ _レ斗ナ ,レ| .:.} :
                                                  〃  i ト、ヤ==rY ミ、 :! -ァ土升=レ==ヶイ .:.:i :.
 今日はより覗く事ができた。結果オーライであろう。                 〃i  i i\i\弋 ヒ)ゝ\i    ィ 弋辷ンノ リ .:.:i :. :
                                                 〃i:.  i  .:ハ   ̄´´       ̄  ´  /.:.:/ :. :
  しかしこれで魔神も3柱目。やる夫への負担も考えると、             i:i i:.  i.  ハ      ,           ./ :.:/ .:: :.
                                               .  i:i .i:.   i.   ヽ     i          //::._, -ー
 「真鍮の壷」(もちろん本物などとは言わない)が必要ではなかろうか?     i:i i:.   i    iヽ    `_ __, -ィ   イ/´:::::::::::::
                                                i:i i:.   i i  i i`':.、  ヽ( _ ン"  /´:::::::::::::::::::
 あるいはそれに匹敵するものが無ければ、魔力の無駄遣いが激しいだろう。 i:i ',: :  i i.  i  i 个   ` ̄、  イ:::::::::::::
                                               .  i:i  i :   i i  i  i .i /:>..、, /ィ:./::::::::::::::
  そういえば、この間「COMP」なるものを耳にした。                 i:i  i: .   i: i i  i  |::::::/ /'`/::/::::::::::

 どうやらこの世界には殆ど無いようだが、「平行世界」「異世界」と

 俗に言う場所にあるらしい。                               ____
                                               /⌒  ⌒\ ホジホジ
 なんとかして、渡る手段があればいいものだが……。             /( ●)  (●)\
                                            /::::::⌒(__人__)⌒:::::\<おまけおわりだお!!
  なにしろあの男はきっと私に答えをくれるだけでなく、          |    mj |ー'´      |
                                            \  〈__ノ      
 彼の王とはまた別の頂点を極めかねない男なのだから――――       ノ  ノ

183◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:45:33 ID:cVC962ek

         _,,ニ                      ハ
       _ゞゞ                            ハ
      `ヾ                            }
       ミ'                  r、 r┐ _      }
      、j〃                V i/  レ' `ヾミ ,イ
        く彡                    ( j        `' ',   まったく、3話は長くなりすぎだな
         ソ                  ム            '
       ノ                    i''"            l   私の出番も無いし、やれやれ……
         |,     /´`ゝ,       〃'´       ̄`≒x,、 ,j  ___
        ル    l   ''iヘ     /'       弋Fヌ、;::::゙' ,/ /´    丶 l´l~l どれ、悪魔達の紹介だ
        V  ∧ - ヘ V  /'            ̄´:::::  '! /      ゙ l.└l- 、
          {    ∧ .ヾ V/                 ∨        l  .', .ヽ_ ……っとコレもまた今回は多いな
        Ⅵi    ヽ   /                     ∨       l  ',  ',`ヽ、  ちな
            'j     i{ ̄`;               __,, _冫、      |   .',  l  .l ヽ 因みに登場順で行くぞ
            l  i/イ/`   :.                   _(´   丶     |   ',   ', .', ト、
     , ---zzレ'/レ' ′   ` .         ` ー --f′    ` r 、   |        ' V`ヽ
      l:::::::::::`>ー‐-,,,,、_   `  .          .′        | `ヽj           〉 /
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`, ー- 、::`  ,        l        !  '´           / /
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x,_ ,r`<  ,. '        '               l /
     ゙}ー--::;;;;;、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>             V          /
    /::::::::::::::::::::::::`::::::::::ー:::::-::;、::::::::::::::::;|、            rゝ―-,,,,,,__    ./
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、::::::::::|ヽ              |:::::::::::::::::::::::::::`>{、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,j::::|                |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

184◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:48:03 ID:cVC962ek

ゲーティア

             _,,,,,,,,....、_,,,.......‐‐‐、,,,,_
          _,.‐''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_
        _,‐":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、          バティン配役 斑鳩悟D-LIVE!
       ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /::: :::i,_:::::::::::::::::::::::::::.. .......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     序列第18番目、30の軍団を率いる地獄の大公爵で
    /::'l,|,:::::l、:`ヽ,.........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、\   「蒼白公」の異名を持つ。現れる時は蛇の尾をした男の姿で
    l::::| i,ヽ,::::ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,、    青ざめた馬に乗ってくるという。
     l',::::l, i. ヽ,:::::ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,_丶、 彼は地獄の炎の源泉の深いところに住んでいるため、
    l,:i、:::l,ヽ ,.‐ヽ、::ヽ\,_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'l、   炎に対しての耐性が高く、またルシファーの側近でもある
     |,::|:::ヽ//_,‐‐,\`ヽヽ`''''‐、::::::::::::::_.,,‐、:::::::::::::::::::::::::::::|ヽ   薬草や宝石の知識にも詳しいが、彼の特筆すべき点は二つある。
    i,l,:'ト、ヽ '、゚l/  `ヽ    `l,:::::::::|_,/ニ'、:::::::::::::::::::::::::::|
     ヽl,l `           `l,:::::|(、‐) |::::::::::::::::::::::::::,|      一つは「俊敏さ」。とても素早く、召喚者が彼に望めば
       /   .::.           |::::| )_,´/|::::::::::::::::::::::::::l     国から国へ一瞬で移動する事が可能であり、
       (,_ _,‐            l,::|´   ,ノ::::::::::::::::::::::::ノ       その速さは地獄一だともいわれている。
       `'i    _,,‐         |:l‐‐'",i:::::::::::::::::::::::::l'
        ヽ'、-‐'´        /lノ  ,l:::l:::::::::::::::::::::|、       もう一つは……「愛想のよさ」。
            '-,''´      /  |   /:/|::l:::::::::::::::::|、       これもまた悪魔の中では格別だと言われている。
  _,,,,..──‐、..  'i,     _,.‐'´    i,  i::/ |::l'i,:::::::ノ|:::l,
.‐'´       `''ヽ,`'ー‐''"_'r、      i/  l,| ゝ、ヽ|:.:i、        「エノク書」をモデルとした「偽エノク書」にも
            `i、l´ ̄ i、.\            ~ト,i_  ___,,..‐‐''7i 彼の名前が載っている。
.             ヽ,_   i,  \:::          |t‐''"    / l,
..              iヽ,  i,  ヽ::        | 'i,     /  l,
::::::::::::::   i,:::::. ::::::::::::::: i'、  ヽr‐、`i,        ,i l  /  /i____」
::::::::::::::.  l,::::.       /i i,  ヽ,,,.i ヽ,,____    ノ i /  / i、_      黙示録の蒼い馬に乗る疫病の騎士、
::::::::::::...  l,:::::    ,‐" l i,  ヽ,  ヽ,  `‐,  / ノ / ,/   `ヽ,      のその馬である
ヽ、,     i._,,,,_,.‐'´ |  |  ヽ,   ヽ,  ヽ,     / /i      `‐,_
i,   `''''i‐‐tニニニi   ,l   l  i 'l,  ヽ  ヽ,   / / /        `‐.,,_
:l, i,  i, ゙ii,''":i,l   |     l  l,   ヽ  'i, ,/,/  /            `‐,

185◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:49:18 ID:cVC962ek

                               _
                         r、  r,  ∨ム                    ,,‐、マルバス配役 ブレードライガー(ZOIDS
                         丶.ヽ.! l _∨ム    li  , . , il         /. ,ィ./
                           ヽi r \ ∨ム ___.li li ,il il      /./ / 序列第5番目、三十六の軍団を率いる総統。
                             ,ィュ._l l   `∧ ムェェュl.i=l.i=il;ュilム、   ,ィ/ /   鼻面が血に染まった強靭な
                         / //、, ̄ヾ.,∧ ムハヘ!. ,`=´ liソソャィ' / /    黒いライオンの姿で現れる。
                         ,' ./ /、._ハ ‐、ヽ.∧ liユ,ヘ! i__i ,!/ /ソ' //   人間の姿もとることができ、そのときは肌の黒い
                        ,イ / ,仁 ∧lゝ、ヽヽ∧,ィ ./`!._,イ=lソ'/,ィ´∧.   金色の髪の男になる。
         __ュ二二二三へ,.__ _,rュィ]_i' ヾ ly'ヘ.ミゞ、 ヘ/ /  `ー'  li匕,イ/ /厂l
 ‐=ニニニ二二二二三ニlKl三l=l三lKll〕 〉_ r!叮へミ、ミ i l ∨',  ,' ./ y' //K /    隠されたものや秘密について知っており、
                     ア  /./ /-ム7 rkイ》へ. ソ 7, ∨ ___, / /,彡,イ. _〉   それらに関して真摯に答える。
                    く7  /.//7/ 7二三lハヾ弋ヘ.  ∨=l/  /!´   ̄    機械、工芸の知識に優れている。
                  r=/二二 //7/ ,イソ ̄  l 三ヘ、.ュ、_l_//        体を腐らせるほどの疫病を運び、
                   /7/7///7/ /      `'、 ゝl l! /ーl / ソ=ュ、_      またそれを治す事もできる。
                     `´/ミ//ソ/ /        `ー,l/'''''l/ 7,-─-lム、    人を動物に変える術も持っている。
                  _/`'ー‐-ャ、/ソ            ̄ `'y、i 〉i l 〉-〉
                   lミ 7r‐‐--ャ、 r,r=ァ.                  `´ `´`'´´
                 / 7/_.,i' i  lヘi三ソ
                 l `i l-、i! ‐lト.-lr'
                    `´ .`´ `´ ` ´

186◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:50:11 ID:cVC962ek

                                                 __
                               _,-ーヾゝ            ト--¬ヲ
                           /'、こ~-     `\         /(ミ>。、\グラーシャ・ボラス配役 大尉HELLSING
                          ノ 〆          `''ー 、   ,,..、/^/(、.,,_ゞ              
                       ゝ~~ (_           イロ  , イ=ヽ\ミ~∧。/> 序列第25番目、三十六の軍団を率いる総統。
                        ` ~- ‐'' つ`-n    ,:'ミ叭八" ヾミ;、ヾi ミ\ゞゝ あるいは伯爵とも記される。
                       ~、     ノ> 》 ) ∠ミイレ/ト ヾ il! i i!ト 入》o゙Y;;ii゙ グリフォンのような翼を持つ巨大な犬である。
                      ノノ/フヽ~~~ー  , ,ノ 〆ゞゾ/彳;;;ア))Li!ノノイ;;;;;彡i  liiii; (マルチーズとの噂)
                  /⌒∠_,u~' へ_ソ'´~~ .:;iI州ゾン Lヾ》彡  |/ヽイ"゙´/o iiiii 人の姿は蝙蝠の羽を生やし猟犬の牙を持つ
                ノ~~~入 (~        .,:;iソ/ソイilト  V ヾVヾ   レキ"゙ソ   ゞ 学者の姿をした中年男性をとる。
             √~彡ーノノノ       .,:;iソ彡ソ'  |lIl|/       /ノ/o  /| ゝ「ネビロス」の支配下では乗用の従僕である。
            ( , '´ノ/        ., :i'//ソ /             ゞ/イ ∠彡'、彳
             ヽソ/」       /, :゙゙ ソ/               「ノノロノ三ソ///;;;;{ 過去と未来のことを知り、人を透明にしたり
             ノ ((      /, :゙  ,/        / "゙ヽ、_ノミil< 彡ニ─ノノ;;ii 科学、芸術の知識を授けたりする。
            く ∫ノ   /, :゙ r个⌒`へ        ゝ⌒_> フニソノ  ノ/ゝノヾiiii 友人同士の仲違いも一応受け付けている。
            ノ /   /, :゙  ( ( ~'  )  _.、、-…'' "ラ'' "゙彡イ | / // i/>ノ)iii
           { ンノく /, :゙  / ~ ) ) r-´ ̄   __,.-‐ '_ ,- ‐ ' /ノ   /∧i/ソ//iiii この魔神に最も注意すべきは
          / ノソ/, :゙   /  /∫(〆     _/~  /   ,,,.γ i'   /イ;;ノi/ソ /iiiii 彼はいつでも血に飢えていて、
         ( ソ ', :゙   /   √  ノ    /_ > '~  ,,, "  ~~ / ノノ ノ/ ∧iiii そして殺人を好み、得意とする
          /, :゙    /    r '´ / ) __,.-‐フ '    ,, ゙    _,,-", - '"/  / /iiiiiii 「屠殺者」「殺戮の導師」ということである。
    _   /, :゙     へ     ノ γ~-‐ '' ‐ ''  , , ~      _-"  _ ,-"/  / / !iiiii  なにしろ彼自身がするだけでなく
   ∠/Y, :゙    イ、  ー~‐' ^ーノト , - '         ,.-ニ  ///     / /iiiiii}  召喚者に殺人をそそのかす事もある
  ↓〆, :゙   /   ~~( /〆⌒入 ノ)'         , - "/~ ア /〆     / /|iiiiii  のだから。
  ヾ、゙    /       ゙~ /|~ιノ        ∠  /  ≠ /ソ       /  《iiiiiii
  iii;;  /          |          >"   /  / //      /  ! iiiiii
  ヾソレ'           γ         /     i!  / / "       /  /i!liiii
                 il        /     il /  /         /   !! iiii
                  i|l     /      " /  /         /   γ iiii

187◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:51:58 ID:cVC962ek

                 ,,.ンーレーーフ'' ̄フ ̄ ̄ ̄'''、,
              .../''    ,,"'\;;レ/       \.
           .../''''    ./ "'''''ーY;;;;;;:: ,,....-;;;*'''''\;;;,
          /''      /'   ,..--..,ヽ;;;;;/;;;;/     ''\,,,  エリゴール配役 ジェレミア・ゴッドバルトコードギアス
         ノ     /   /";;;;;;;;;;;;V;;;//,,,,,,,,,,,,,................, 'ヽ            
        /..:;ノ   ./   /;;;;........、ヘゞV/;:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ 序列第15番目、六十の軍団を率いる公爵にして
     -=''';;;;/   く.......,,,/;;;/::::::'''''''   "   ''''''\;;;;;;;;;;;;;;;''''ヽ| 「騎士心公」を名乗る。   しゃく
   ..,, -ラ/     '''':;;;;;;;;\..,,,             ''::\_;;;;\;;;) 槍と旗(あるいは蛇、加えて笏)を持つ
   \>   -..,,,,, ...,,/";;;;;,;;,/   "\ヽ..       リ '" ''二''"/" 黒い鎧と黒い戦馬の騎士として現れる。
   \";,, -;,,,, ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:  -;,,,,. '''''"'-,'';;-.,   / ,..-., "'7  彼の軍旗の印は読み取る事ができないという。
    \;;;;,,,\;;;\;;;;;;,,..-く|./    '".,|,"u''ム、',::"''ト ./"∠-;;;;\ノ|
     \;;;;;;;;,,,,,;;;;;;;;;(''/ヾ|      ̄ ̄” "'   /;/;-ーヽ;;/''"   未来を予見し、隠された物事や闘争を知り、
      |ヾt,;;;;;;;;;:::::::ヽ.i;;;(V              |''|;;\ニ∥/    それについて教えてくれる。
      V\\ニニニ\''':;;,              ヾ!;;;;;;ii!/|./     戦いに関しての哲学や騎士道精神を持っている。
       ''',-"'.,,,""''ー;;ヽ-ヽ              /\∥|/
        \.;;;;;;;;;;;_/'/"|             /" //      愛と闘争をもたらす力があり、その戦争の結果を
         '\__,;;;;/:::\        .__;;,,  .|//      教えてくれる。
           \;;;;;;;イ: ::::::\     ''' ̄,,,,,,,,,,,:. " 山
               .| ::::::::::\           ./'''       そう、召喚者への軍事のアドバイスも恋のアドバイスも
            ._j''\.::::::::::::::;\,,        ./        お手の物だったりする。
            /;;;;;|iiiiiiiiiii\,,,::::::!!ill\      ./
           /;;;;;;;|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,''\..!lli\ーー.ノ
          /;;;;;;;;;;;;|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/..\|||、
         /;;;;;;;;;;;;;;;;|ii,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii//'\iiii/
        //;;;;;;;;;;;;;;;;;|.||iiiiiiiiiiiiiiiiii|\//   \|\.
       //";;;;;;;;;;;;;;;;;;|i||iiiiiiiiiiiiiiiiiii\ < .A    |;;;;;;;;\.
      //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i| liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| |: : |    V;;;;;,;;;;;;;\
     //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ\ヾiiiiiiiiiiiiii!ゝゞ: | .  \\;;;;;;;;;;;;\

188◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:52:45 ID:cVC962ek

                  ,. -r_ー_ ,、
                ィイ从爻ゝ彡ヘ
               jリノ` ` ゝ仆小
                   {jトrぃj トrぅyハjイ
                 v  {_:,  jノィノ
                  、 -ー-  ´j′
                ト .._ _,.イ/:{               プロケル配役 ルシウス・モデストゥステルマエ・ロマエ
            _,. -‐ ′ :. .:;′ゝュ_、、
           /´  : .ー- - :.,  ,: '´ `ヽ ゝ、         序列第49番目、48の軍団を率いる「浴槽の公爵」。
        /     .:     :. ..`. .    . :V 、ヘ        銀の髪の琥珀色の目をした天使の姿で現れる。
         /     ;. .       :.   . : .:.v' ハ ヽ
      ,ノ:. . . .:!:.       .;       .:V:. ヽハ      幾何学、教養学、に詳しく、数学が得意である。
       ´  : . ..:.:j 、:.. . .   . .,: '     . .:.:.:.;、 :.、 .ヘ      大津波や水の轟音、悪天候等の
     /    . .:;イ:., `     ., :.., ' :.,.:.. ..:.::,:´.::V:.\、,ゝ、    幻影・幻聴を起こす事ができる。
.   /   . ..:.:;/{  : . ,: ' ´ .; . :. `'.,:.::/.:..:.:.:ヽ`://二.ヽ
    ' . ;.:.. . ;/  ゝ      . .:' . :. . ..:.:/.: . :..:.:.:! ゝr'ニ, j   水に関する事柄が得意で水の温度を変えることが出来たり、
  /   .:`.Y´ ,. -‐=====-_:'_ :..;. . ..:.:/:.:. ,.: ´:j : .: :.::!´  河川を温泉に変えたり、温泉を発掘する能力がある。
 {    . :.::、 k{__        `ヾi;.:`丶;ハ:.:;.: .  ;!  :! ;. .:!   ここにおける、「温泉」とは才能の比喩であると言う説もあり
.  \   :..:.', {!_ ̄ ====== "_j . . ..:} V.:.:.. .::{  .:! :. :!  召喚者の才能を発掘、発露する事ができるらしい。
.   \   :..:v! ‐-==_====-‐7 . . .:!  \_;. ィ _j,」Zノヘ:j
      \  :ゝ.--‐ ´,ノ_ _ -_7. . .;.:'´:j       ´       彼は決して溶けない「氷の剣」を持っており
       \   . ..:く_, ̄ _,/..:,: ' .: .:i             その剣で切りつけられると、傷口はあっという間に腐敗し
          `ト-- --─く, ̄,、 ..ィ´ . : . .:!            その部位はボトリと落ちてしまうほどの威力である。
         {:. .     . : .Yハ jr'.: .   . : .:!
            !:. .     . .:{:..し'ハ:. .   . : :i            元々天界において第六級の「能天使」の階級であり、
         !:. .     : . :`'┬:'′.   . .:.:!            いつか天界に戻ることを望んでいる。
            !: .    : . .:j:. : .     . .:..:!
.             !: .     . . :ハ:.: .     . :..:!
             !:. .    . . .:i ':. .    . : ..:!
          !: ..    . ..:.!  ';. . .   . : .:|
             !:. .  . . .:.i   :,:. .   : .:.;!
              、:..,. .   :.:!    !;.    . :.;!
               v :、.`':,:. :!    {:';.    . :.{

190どこかの名無しさん2011/06/03(金) 23:53:43 ID:Ea77oQ.c
プロケル。
隠さずに、フルオープンとはやるな・・・(ゴクリ

189◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:53:28 ID:cVC962ek

             __,,,,,,,,_
            /    ヽ
           , '       ヽ        
           i        }
           {  r'"ー_-‐;= } __,、 -‐、   
           }r'、}て“}´f“,} ''´    }  
            ヾi{i    冫'i.      イ   
           />i┌---、,_!      i
         / / |ヾ、  "r'ヽ       |  
       /  / |、`'>ー''rヾ|      'i    シャックス配役 ルパン三世ルパン三世
       /    /  |ヽ' Y'~'/-、       ヽ
     r‐'   、. /   |   〉〈  ヽ      '.   序列第44番目、30の軍団を率いる大侯爵、大公爵。
    ヽ  \ } ,,ゝ |   i i   {   i`、  l   「掠奪候」を名乗る、しわがれているが繊細な声で喋る
     ヽ  ヽi |  |   !  i  i   iヾ、  i   コウノトリあるいはヒメモリバトである。
      /   ,i i.  |   |   i  }  | ヾ、  i
       >   i i、 |   |   ! |  .i ))   i  神聖な事柄、悪魔達が守っていない隠された財宝の
        i   |  | |  !  !}   { 〉)   i  ことについて教えてくれる。召喚者に対して忠実で従順ではあるが
      |.   i   ! |   i   ! !  ィ //  ソ  魔法陣の三角形の中に居ないと嘘をつくので油断は出来ない。
.      !   |  .!|   i  / ./  └' '   i
.      |   |   ゝ r' ,,、r' /       i   彼の十八番は「盗む事」。金、財宝、馬など物質的なものだけでなく
       |   ゝ_ `i |"´ { ノ;       {   人の五感――視覚や聴覚やら、喋る能力を奪ったりできる。
       | ー''  `''‐-=、、、,,ヽ/      r'    しかし、それを召喚者に与え能力を上げる事はできない。
     , '"ヽ      ,、-、  /ー;,_      `、
     /   `""",;'''´   i /r < \      i   使い魔を与える事もできる。
    /      /  ,'   jr'´`1  ;`ヽ、_   , '
   i      i   i'     |.  `、"' ; ' ヽ;'' ,、'´
.   i       .i、  |    |   ヽ, ,_,、,i }
   ヽ、   i ヽ、.|.     |  /   `' i
     ヽ、  |  ヽ.     !_ ' ´/_    |
      ヽ/   |     | ヽ ,//  |
           |    |  ヽ  /   |
           |    |  ヽ /   |
           |    |   `、'. 〃 i
           i     !   i l/!  .|
            |    |   | i  |
            i    |    | i  l
            |    |    | |   i
.            l     }   .l |  .l
            ノ _,、‐'';ゝ   | i   |
           '、、7 'ら    ! !   l
           r、´  イ    〈〈   ;
           r'   -ヽ_ , /⌒`゛'、.{
           |  ,、-‐='´ ,、-'´ ̄ )l
            r    ´,、‐'´     /.i
           ヾ、,'_ ,/` ̄,,~`,,,,、-' |
      =========""" ̄ ヽ,| |   .|
                 // ! !   l

191◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:55:40 ID:cVC962ek

                  > . ´.                   . イ. ´        //
               . イ. ´  ,从ム, .              . イ. ´           //
             . イ. ´    ,イ州杁ム `' .      . イ. ´         //
          . イ. ´    ,/刈州川ム次ム,、 ヽ`ji,  .イ. ´            //
        . イ. ´     ム勿刈川州戈杁次夊次ム、  ` 、         //
     . イ. ´       //'冽刈卅川州刈'杁次夊戈次ム、、 \        //
   . イ .´        〃刈州冽刈冽卅川ム杁次戈杁夊ムム ', \   //
..イ . ´         /〃冽刈卅州川リ州川爪州杁夊戈次戈ム   \' /
. ´           {iシ〃仇卅リ刈川リ刈川刈州i}ム杁爬卦卦飛、/ .ヘ
             ililⅥ川劜卅勿ilシ刈刈尤川升リ川圭圭圭圭必"  \
              lililゞ巛トⅥル'彡シシツ彡彡ツ佖圭圭圭圭圭Ⅳ    \
.、            ilililミrヾミ圭圭毛彡'''"⌒ヾ毛圭圭圭圭圭圭圭i!l i}       \
...\          ⅲⅣ   `ヾ゙'"´        ゙三圭圭圭圭圭圭圭リ!l      \さて、
   \         川″               ミ圭圭圭圭圭圭圭i!l
    \      i{川′              _,,;毛圭圭圭圭圭圭川       今回は次回予告も付くそうだ
      \     ヾり              "''毛圭圭圭圭圭圭圭ミ!l
          \    ゙{ ミr;、    _,,,,,.r:::::z-    ゙毛圭才=寸圭圭圭リ!        ま、それだけ次回は気合を入れたい
          \   '.弋rtミ!  r''"´,,rァニrt‐ォ'    "系'/ ⌒ヽ寸圭圭サ
           \  ! `¨,’ ′  '゙¨ `´     彡イ _ノイ }圭圭双        と言う気持ちの表れだろうな
             \!   ,′             シ )て)ゝソ圭圭リ/′
             ‘  .               ' r'ー' イ圭圭圭ツ         見てやってくれ。
                 ', !                ,ゝ- "刈圭圭フソ
                 ', `ヽ´`             .     ヾ圭シ′
               , 、_、___             /      ゙勿′
                 ,  .._,, ` ¨ ´       ノ        i、
                '.           ,,´         トヽ、
                λ       ..              ! ノ `.  ._ 
                , ' , 'ゝ ._,,,r ´             /   ム   `   .
               ,  ,     /i              /  __/' 〉

192◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:57:21 ID:cVC962ek

――次回予告!!

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ……なるほど、アリだな
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|   目を覚ませ、そいつは世間一般で言われる「ドブス」だ
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |   いくら女に飢えているからって、道を踏み外しちゃいかんと思います俺は
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



         ,,..-''"´ ̄ ̄"''-,,
         /   -..,,_      '.,
      ../   -‐t.j-`''‐  _,,..-.',   愛に見た目は関係ない!!
      ,'    `゙''    .‐t.j-、l
        l      r''´  ヽ`゙''  |   例えちょっと外見がリアル悪魔でも!!
      ',        `t'´`j-'′  ,'
        \       ̄     /    という訳でお願いします!「ゴモリー」さん!!いえ「ゴモリー」様!!
         .`l-―――‐-..,,__ /
      ___|_:::::::::::::::::::||::::|
   r:ヽ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::',o└-..,,__
  /::::::',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::ヽ、
 ./::::::::::::/ ̄ ̄l`゙l::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::|:|
../::::::::::::/   ̄ヽ┘::::::::::::::::::|o::::::::::::::::|::|
/:::::::::::/  . ̄ヽ|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::|

193◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:58:37 ID:cVC962ek

――謎の新キャラ?
   \             /         ,                 ∠,
    /   /  〃     ,イ     /  /   ,  !       __ノ
   ←ーァ ,ハ,// ,   / /     / /}    イ  |       \
      //| { /,イ 7/  /  __,// /  /| }        ヽ
       } ハ  { /__二{_,∠、/ /__/ ∠  } /     l ヽー、ノ
       ', (\ | ゞ、弋ソ<  、  `=彡',二二_ノハ     }\}    だから言っただろう?
       トミⅥ`  `  ´   ゙: /    ヽ 弋ソソ j /    ,'
       ゝ、o|、          : }         彡イ  /       僕はあくまでも中立さ
         ゚n} ヽ       : ,′         }/ /
           ||1        : .           彡'⌒ヽ、       君の甘言は聞かないし、効かないよ?
          _||ム         ノ {        /      トト、
        `}「从  ,-    ヽ_ノ       ノ  ,夂      トト、
            ij  }ヽ  弋>== __    {   Yん'\_      ミト、
            ノ! ヽ //ミ、__ 二ニ7/  /\ \)  \      { ト、
        __/ ∧ //       ̄ ̄  /    \ノヽ、  丶       }\
  _ -‐‐'/   / ∨/、   ,,   . イ       ヽ   \ ヽ
 ̄    /     /  // ゝ-,イili{__,/        }ハ_ ` ー゙、___
         /  〈∧    jilil/          ノ  \ \     ヽ



          ____  _,.-==-- 、
     ...-‐=三ニ≧弐ニミ´三ニ=-、
   /:,::::‐:'´/::::::,イ::::::∧:`:、`:、=:ミ、`::.、
  .::'::/::,:イ,イ:/::::::/i|::::::':::: ヽ:::ヽ:::ヽ:::ヽ::::\
. /:::/::::::'::::///:i:i:::': !|i:::i:::i:i::i::\:`::、::\:\::::::、
/:::/::::/::::/,イ':::i:l:::::::/!|:::|::l l::|:::、:::\::\:::ヽ::ヽ: 丶
:::/::::/i::://::l::::l:!:::::/::ハ:|::!:|::ト、:::\:::',::、:丶::丶::、: ヽ
/::: /::l:::'/:i::|:::l::::::;':::i:::::l:|::::|::|小ト、::ヾト、:ヽ: ',:::i、::i::::i
:::::/::::l::i::::;斗、!::::,i:::l::::::; |::::|:l/:::|、 ` 、!:::i:: i:ハ l::i |ヽ!
::::'::::::l::l::::' r 、!: /:|::l::::/:l:|::::!!: /|!=≧、ヾl::::l':::!|:::!:|:::|   まったく、そうらしいね
:::::::::::|:|:i::i { !:/:/l:l: /: ハ!:: Ⅵ:八 {{ }!ヾ!::/i::: |:::: !: !
:::::::: i|:|:|::l y/:/:/l| ' / i∧::l {′ ヾ  }ハ. |::::|: /}:/   僕はこの「言葉」くらいしか取り得が無いってのに
 ::::::!|:!:|::|V/l/ '. |::/ /' ヾ!.       '  、::::!/::::'
  ::::::!:::|::l::i: '    !'                V,'/    それが意味を成さないとなると
   :::::::l:il:l:' i                ,   ノ´
   :::::|| |!. 、                r ´       やれやれ、どうしたものか……
     ::ll {.   \         ` ― 、‐'
     :!.     ヽ          _ノ
            、        /
          、.   , -‐丶   _ ′
         \イ \    ̄
          \.  ヽ

194◆7MgF9sQof22011/06/03(金) 23:59:42 ID:cVC962ek

――色々とどうなる!?
          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、     ――――さあ、この町はどれだけよく燃えるかな?
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /i  r=≠\::::::::::::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::: |
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   ト〈 !ミ,ハ ::::::::::::::::::::::::::: ,' . .:::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{=ァ  ハi じ' }::::::::::::::::::::::::: / . .: .::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V-‐=仆七爪 / :::::::::::::::::::::: / . .: .:.:::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 八イ//::::::::::::::::::::::::: ,' . .: .:.:.::::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´ :::::::::::::::::::::::::::. i . .: .: .::::-‐=≠}
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐- 、:::::::::::::::::::r‐r‐「`ト、 :::::::::.. | . .: .: .:.:::::::::::. ,ハ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヽ、 ` ー‐=≠'7 | | | !:::::::::.. | . .: .:.:.:.:::::::::::::::. !
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ / ,/ ,/ ,/ /::::::::::.. | . .: .: .:.:.:::::::::::::. |

195◆7MgF9sQof22011/06/04(土) 00:00:16 ID:pZ3ieOmg

            /て/≧  、                  / T;;;;;;;|、
        >'⌒^     `ー 'ユ、                {  _};;イ_/ )
     k_/            ==≧               i! /  /
     >                ヽ、__y            } !ヾ |
     _ン                 、_ノ             V  . |
    /                    -}             }...  |
   .!/                     ヾ、            i!   |
   .!             _        ヽ}            ヽ ー.!
  i´丿         i Y /(  人  、    iソ             }..ー!
  ヾ__ /⌒乂    !ノニ=='、V ノ ノ    ハノ            |;;;;;;;!
  /  ! /i! |   /  yrェァkヽ `}辷ニ)  !|             |;;;;;;;!  次回も
  レ/ i! ( .ノ  (   ``ニン  /セア)/ ノ/              |;;;;;;;!
  `! ハ  y 、__ソ       ヽー〈/  し               };;;;;;;|    『第四話 56番目ラクダの貴婦人』で
 ヽノ   `}!  ∧k      r ⌒ヽ / ト,/                ト;;;;;;;!
  ヽ二   /ハ  ノヾニノr   ` -、ノ / ソ                    /.`ー|         また逢おう!!
  て i´  し .ヽ>    ` - __=r_/ (                 i   |
-―'Vゝ>{  {∧       _......ヾ/ゝ、                 |...  |
;:;:;:;:;:;:};:;:;:;:;:\ヽ \      ⌒/ヾ//ゝ、<' ̄ ̄ ̄`ヽ、_       {   |
::;:;:;:;:_/.;:;:;:;:;:;:;:\}  ≧--=,,_/:;:;:;:;:\ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;`>---<!.   !
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:y-‐彡;:;:;:;:;ヽ     |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ   .|
ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:);::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}   |
;:;:;:;: ̄ ̄ ̄ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:____;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧   |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>' (  `\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;` !
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   ,,- 、 ム ー;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ノ |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  `≦k- 、` ‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:≧-‐‐'''´     ..!

198どこかの名無しさん2011/06/04(土) 00:03:37 ID:O6mex0/M
次回はグレモリィか

197◆7MgF9sQof22011/06/04(土) 00:03:01 ID:pZ3ieOmg

         _,,ニ                      ハ
       _ゞゞ                            ハ
      `ヾ                            }
       ミ'                  r、 r┐ _      }
      、j〃                V i/  レ' `ヾミ ,イ      やれやれ、あの蛇は本当目立ちたがり屋だね
        く彡                    ( j        `' ',
         ソ                  ム            '      言っておくがアレは私の知り合いでは無いよ?
       ノ                    i''"            l
         |,     /´`ゝ,       〃'´       ̄`≒x,、 ,j  ___  コレでわかる人もいるかもしれないが私よりも「もっと古い」
        ル    l   ''iヘ     /'       弋Fヌ、;::::゙' ,/ /´    丶 l´l~l
        V  ∧ - ヘ V  /'            ̄´:::::  '! /      ゙ l.└l- 、 ……別に君達にばれた所で、彼は困らないだろうしね
          {    ∧ .ヾ V/                 ∨        l  .', .ヽ_
        Ⅵi    ヽ   /                     ∨       l  ',  ',`ヽ、   さてこれでひとまずお別れだ
            'j     i{ ̄`;               __,, _冫、      |   .',  l  .l ヽ
            l  i/イ/`   :.                   _(´   丶     |   ',   ', .', ト、  また次回……私に会えるかどうかは
     , ---zzレ'/レ' ′   ` .         ` ー --f′    ` r 、   |        ' V`ヽ
      l:::::::::::`>ー‐-,,,,、_   `  .          .′        | `ヽj           〉 / まあ司会役みたいなものだからねえ
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`, ー- 、::`  ,        l        !  '´           / /
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x,_ ,r`<  ,. '        '               l /   それじゃあ
     ゙}ー--::;;;;;、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>             V          /
    /::::::::::::::::::::::::`::::::::::ー:::::-::;、::::::::::::::::;|、            rゝ―-,,,,,,__    ./
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、::::::::::|ヽ              |:::::::::::::::::::::::::::`>{、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,j::::|                |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

199◆7MgF9sQof22011/06/04(土) 00:04:52 ID:pZ3ieOmg
ふう、以上第三話+α終わりです
それではみなさん、なるべく早くまた会いましょう!!

202どこかの名無しさん2011/06/04(土) 00:07:50 ID:o3x5L9rg


ゴモリーってドブスなの…か…
アンソニーェ…

204どこかの名無しさん2011/06/04(土) 00:14:52 ID:cRC4BibQ

ライトは第三勢力かな。

201どこかの名無しさん2011/06/04(土) 00:05:21 ID:dOuv7LeY


まさかリンゴのアレ・・・?

203どこかの名無しさん2011/06/04(土) 00:09:46 ID:u6Eut5GM
古い蛇っつったらリンゴかバビロンかなあ

205◆7MgF9sQof22011/06/04(土) 00:15:13 ID:pZ3ieOmg
「この人が知り合いでない」+「一番最初に盗んだ蛇」というわけであっちです
つっても本編のどのタイミングで出そうかね

196どこかの名無しさん2011/06/04(土) 00:00:49 ID:p7q9Rid2
乙乙!
次回も楽しみにしてますよー

関連記事

コメント

    • 99
    • :名無しのやる夫:
    • 2011/07/13(水) 17:44:04
    • ID:-
    • [ 編集 ]
    • 単純に戦闘力だと、コブラがパートナーの実質二人分の戦力がある
      やらない夫が一番強そうだなあ・・・。
      正規の召還でないのが悔やまれる。
    • 100
    • :名無しのやる夫:
    • 2011/07/13(水) 18:18:12
    • ID:-
    • [ 編集 ]
    • アディリシアは本職だから複数の悪魔を使役してもおかしくはないが
      写本のみのやる夫がここまで召還できるのもすごい

      それにしても、コブラの存在感は薄れる事がないね
      これも別の意味ですごい
    • 126
    • :名無しのやる夫:
    • 2011/08/09(火) 02:41:38
    • ID:SFo5/nok
    • [ 編集 ]
    • ああ、なるほど。我様の天敵か

コメント投稿

※最近キツめのコメントが散見されます。投稿する前には一呼吸置くようお願い致します。

最新記事

カテゴリ

ボタン群

Twitter: 
Facebook: 
ブログランキング: 

トラックバック

トラックバック URL
http://theateryaruo.blog71.fc2.com/tb.php/157-35496c57

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

theateryaruo

Author:theateryaruo
個人的におもしろい!と感じたやる夫系の話をまとめるブログです。

JavaScript をON にするとビューアで観ることができます。

ビューアの使い方については、ビューアの使い方 をご覧下さい。

まだまだ拙いですが、のんびりじっくりやっていこうと思います。よろしくお願いします。

こっそりと作ったツール

カスタム検索でAA検索を作ってみました。AAを探している人は使ってみてください。(未熟な出来)

月別アーカイブ

カテゴリ別リンク

RSSリンクの表示

カテゴリ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。